CROSS MALLがヤマト運輸フルフィルとの自動連携を開始 「楽天」「Amazon」などの出荷にも対応可能

ECのミカタ編集部

株式会社アイル(本社:大阪市北区・東京都港区、代表取締役社長:岩本 哲夫、証券コード:3854、以下「アイル」または「同社」)が提供する「CROSS MALLは、ヤマト運輸株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:長尾 裕、以下、ヤマト運輸)が提供する「Yahoo!ショッピング」「PayPayモール」出店企業向けフルフィルメントサービスとの自動連携を開始した。

契約で「楽天」「Amazon」などの出荷にも対応可能

アイルが提供する複数ネットショップ一元管理クラウドサービス「CROSS MALL(クロスモール)」は、ヤマト運輸が提供するフルフィルメントサービス(マルチチャネル契約)との自動連携を開始した。ヤマト運輸が提供するフルフィルメントサービスは、「Yahoo!ショッピング」「PayPayモール」出店企業向けに提供している物流サービスだ。

ヤマト運輸の物流拠点に事業者の商品を在庫保管し、入庫から出荷まで一連の各作業をヤマト運輸が代行する。マルチチャネル契約により、「楽天市場」や「Amazon」など他のネットショップの出荷に関しても対応が可能だ。

事業者の手間を削減

これまで、ヤマト運輸が提供するフルフィルメントサービスと「CROSS MALL」間の連携では、出荷指示に必要なデータ(CSVファイル)を手動でダウンロード・アップロードしており、連携のたびに双方のシステムを操作する必要があった。

今回、出荷指示データをAPI開発により自動連携したことで、両サービスを利用している事業者の手間が削減されるとしている。

受注から出荷までの完全自動連携が可能に

複数ネットショップの商品・在庫・受注・発注・仕入の一元管理が可能なクラウドサービスであるCROSS MALL。顧客事業者ごとのバックヤード運用に合わせたサポートが充実していることもアドバンテージとなっている。

今回、「CROSS MALL」の自動処理で生成された各ネットショップの出荷指示データと、ヤマト運輸が提供するフルフィルメントサービスの出荷データは、相互間で自動送信の上でインポートできるようになり、受注から出荷までの完全自動連携が可能となったことで、その価値をさらに高めることになりそうだ。

ECのミカタ通信23号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事