楽天初!HIKAKINらスーパーSALEをツイキャスで語る!

石郷“145”マナブ(編集長)

楽天スーパーSALEの商品を、YouTuber達の目線で追う!

 楽天株式会社(代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)の広報から、新しい取り組みのお話が寄せられた。現在、開催中の、楽天市場の恒例人気イベント「楽天スーパーSALE」。その開催を記念して、5月30日、31日に、HIKAKINさんら人気のYouTuber達との番組配信企画を実施した。

 これは、動画を撮影して、生中継するアプリ「ツイキャス」上で、HIKAKINさん、PDS株式会社さん、Masuoさんといった方々による、「楽天スーパーSALE on ツイキャス」( http://twitcasting.tv/rakutenjp )と題した番組を配信したもの。「楽天スーパーSALE」に絡めて、こうした取り組みは、初めて、ということ。彼らは、独自制作の動画で、人気を博しているYouTuberと呼ばれる人たちで、多くの支持者を集めており、ここでも話題を集めた。番組「楽天スーパーSALE on ツイキャス」においては、フリートーク形式で、リアルタイムに視聴者の質問に答えたり、YouTuber達のおすすめ商品を紹介するなどした。

 そして、これと並行する形で、「楽天スーパーSALE on ツイキャス」閲覧数5万人チャレンジキャンペーンを実施し、豪華賞品に彼らのサインを入れた、オリジナルプレゼントを用意した。プレゼントを獲得するにあたっては、欲しい賞品のクリエイターのハッシュタグに、指定のハッシュタグ2つ「#楽天スーパーSALE」「#楽天CAS」を入れてツイートするなどの条件をつける。これにより、「楽天スーパーSALE」を番組やツイッターなどを通して、今までとは違った形で、拡散しようというわけだ。

 実際、番組への二日間の総アクセス数は、想定の2倍以上となったそうだ。楽天の広報によれば、「今回の施策の背景には、若年層へのリーチを目的の一つに掲げています。ユーザーの反応を見る限りにおいては、その目的は概ね、果たせた」と話している。単純に、セールをするだけでなく、ツイキャス、ツイッターでの視聴及び拡散というエンターテイメント要素を盛り込んで、よりお祭り感が出て、お客様の心もわき踊る。

 楽天スーパーSALEは、6月4日1:59まで開催中。まだまだ楽天スーパーSALEの動向から目を離せない。
http://event.rakuten.co.jp/campaign/supersale/?l-id=top_normal_flashbnr_10_510&l-id=ppf_pc_s1_pc_web_t1_17956

記者プロフィール

石郷“145”マナブ(編集長)

ECのミカタ 編集長。キャラクター業界の業界紙の元記者でSweetモデル矢野未希子さんのジュエリーを企画したり、少々変わった経歴。企画や営業を経験した後、ECのミカタで自分の原点である記者へ。トマトが苦手。カラオケオーディションで一次通過した事は数少ない小さな自慢。

石郷“145”マナブ(編集長) の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録