海外と日本でビジネスを展開する社長に聞いた!“越境EC市場での成功秘訣”

ECのミカタ編集部 [PR]

アラウンド・ザ・ワールド 株式会社アラウンド・ザ・ワールド 代表取締役 永井あき氏

越境ECが注目される中、海外進出を成功させるためにはどんな心構えで、どう対応していくべきか。現在、アメリカ・イギリス・日本を拠点に越境EC支援サービスを展開するアラウンド・ザ・ワールド株式会社(以下、アラウンド・ザ・ワールド)代表取締役 永井あき氏に、お話を伺うことができた。長年の海外生活・ビジネス経験から培ったノウハウとともに、自社サービスにかける想いを探っていく。

文化?それともシステム?日本と海外のECの違い

 越境ECが何かと話題に上る昨今、日本と海外のECでは具体的にどのような違いがあるのだろうか。「日本のECには楽天、Yahoo!、ZOZOTOWNなど複数のサイトがあるため、消費者がまず商品を検索するときにはGoogleを利用すると思います。一方、アメリカやイギリスではモール数が少ないため、最初からAmazonで検索します」。

 また、サイトのイメージについても違いがあるという。「日本では出品を避けがちなオークションサイトにも、海外では大手企業が当たり前のように出品しています。例えばAmazonとeBayのイメージについても、扱う商品が違うというレベルの認識です」。アメリカでは副業が一般的であるため、多くの人が気軽にECサイトに出品をしている。またリサイクルに対しても抵抗感が少ないのだという。

 さらに永井氏は「日本は“買い物後”に溜まるポイント制が多いですが、アメリカでは“その場の買い物”から使えるクーポンコード制がメイン。ハンバーガーを買うときですら、クーポンコードサイトを確認するくらいですから!」と語る。

関税・送料・配送・返品・言語。越境ECで注意すること

 では実際に出店を考える場合、どんなところに注意すべきだろうか。「一番は、関税と送料です。ここを考慮しないと予期せぬ費用が発生します。また、アメリカはカード優位社会のため、PayPalやSquareなど様々な決済方法があります。日本ではようやくApple Payが導入されましたが、アメリカでは数年前から普及していますね。振込の場合はいまだに25ドルほど手数料がかかるため注意が必要です」。

 いま日本のEC業界では課題を抱えている配送方法についても違いがある。「アメリカでは基本的に集荷は有料です。時間帯指定、着払い・代引きも存在しません。Amazonプライム会員であっても3、4日後の到着が普通。デリバリーよりも、コンビニなどに設置された宅配ロッカーでの受け取りが主流です」。永井氏は続けてトレンドにも言及する。「近年では『ストア・ピックアップ』が人気ですね。例えば大手デパートのオンラ

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。