安定した品質でEC通販に付加価値を提供 さらに物流作業の効率化でコスト抑制へ

ECのミカタ編集部 [PR]

ヤマトロジスティクス株式会社 販売物流サービスカンパニー 事業戦略部 マネージャー・大竹 俊充氏 ヤマトロジスティクス株式会社 販売物流サービスカンパニー 事業戦略部 マネージャー・大竹 俊充氏

人手不足による影響が問題視されている物流業界。そんな中で、業界の成長を止めないためには、どのようなソリューションが考えられるのでしょうか。ヤマトロジスティクス株式会社 販売物流サービスカンパニー 事業戦略部 マネージャー 大竹 俊充氏に伺いました。

小規模、地方、EC化を支援 在庫フリーサービス

ヤマトロジスティクス株式会社(以下「YLC」)がEC通販事業者に提供しているサービスに、『在庫フリー』サービスがあります。これは、YLCの倉庫に事業者の在庫を置き、出荷指示に応じてピッキング・梱包・配送する通常の保管型のサービスと異なり、その日の出荷作業に必要な商品だけをYLC倉庫に納品し、発注ごとにピッキング・梱包を行うもので、保管型よりも外部に預ける在庫を少量にすることで、固定費を抑えることができるサービスとなっています。

「『在庫フリー』サービスを利用しているのは、主に月の配送件数が5000件未満の事業者様や、最大商圏である首都圏から地理的に遠い九州などに自社で倉庫をお持ちの事業者様です。弊社の倉庫に在庫の一部を納品していただき、ロジやラストワンマイルの配送機能をご利用いただいています。

さらに最近多いのが、製造業や小売業をされている事業者様が、兼業で新たにEC通販を始められる場合です。EC通販の細かい出荷作業は経験が少なく、そのためだけに新たな物流の体制を構築するのはコスト面でも時間面でも大変だということで、ご利用いただいています」と語る大竹氏。ECに参入する事業者にとって便利なサービスであることがわかります。『在庫フリー』である程度の規模まで成長した段階で、保管型に切り替える事業者も多いそうです。

川下から川上まで EC通販業務に対応

YLCの強みの一つが、宅急便の仕分けターミナルに倉庫が併設されていること。倉庫から仕分けターミナルまでの移動がなくなることで、受注時間の延長や輸送途中の荷物へのダメージ削減につながります。これは、CS(顧客満足)を重視するEC業界にとってありがたいところです。

また、ヤマトグループ全体で、ECの川下から川上まで、仕入れを除くほぼすべての機能を担うことができるのもポイントです。「川下の機能としては、ヤマト運輸をはじめ、決済代行のヤマトフィナンシャルや、家電製品の配送から設置まで行うヤマトホームコンビニエンスのサービスなどがあります。川上の機能としては、ウェブ開発やプロモーションを行うヤマトWebソリューションズ、受注・顧客管理システムを扱うヤマトシステム開発などがあります」(大竹氏)。

YLC に物流の相談をする中で、こういったグループ連携したソリューションを紹介してもらうことも可能です。顕在化している課題は物流でも、相談する中で、別の課題に気付くことがあるからです。もしまだアウトソースをする必要がなければ、それをお客様に正直に伝えるそうです。物流を担うだけでなく、事業そのものをコンサルティングできるのが、YLCの特徴でしょう。

品質で付加価値をつける ヤマトグループの強み

ヤマトグループの強みは、グループ連携に加えて、B to Cのサービスを熟知しているという点が挙げられます。ヤマトグループでは宅急便をはじめとした、エンドユーザーとの直接的なコミュニケーションを通じてお客様のニーズに応えるさまざまなサービスが作られてきました。顧客に寄り添い、顧客が求めるものを提供していくという姿勢が、EC業界においてヤマトブランドがユーザーに好まれる背景となっているのでしょう。

さらに、拠点が多くあることで素早いレスポンスができること、高いスキルを持つ運用担当者による高品質な運用だけでなく、標準化された倉庫内オペレーションによりサービス品質が安定している点も、ヤマトグループの強みです。「化粧品を扱う事業者様などからは、配送時の品質に満足されずお客様が他社に行ってしまうと、まず戻ってこない、だから1回1回の注文でしっかりと満足のいくサービスを提供したいという話をよく伺います」(大竹氏)。物流品質は、EC事業者の一つの評価指標にもなっているのです。

また昨今、物流業界は他の業界に比べても人手不足が深刻であることから、配送料の値上げという課題もあります。一方でEC事業者は、その分のコストを転嫁しづらいことが多いです。「弊社としては今後、業務の合理化、効率化によるコスト抑制や、付加価値の提供を強化していきたいと思っています。例えば、作業の自動化や新技術の導入も検討しています。また、コンビニや宅配ロッカーでの受け取りなどのサービスは、EC通販事業者の付加価値になると思います」と大竹氏。 

これまでの強みを生かしながら、新たなソリューションを提供することで、物流業界、EC業界ともにさらなる進化を進める。YLCの取り組みからは、そんな姿勢がうかがえます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。