ライオンが提供する新しい生活情報メディア 「Lidea」が提供するコミュニケーション

ECのミカタ編集部

暮らしと心に彩りを。情報が繋げる豊かな生活

ライオン株式会社は、新しい生活情報メディア「Lidea」を立ち上げることを10月23日の都内記者会見で発表した。ライオンのデジタルマーケティング戦略、新生活情報メディアなどについて説明が行われ、快適生活研究所のマイスターによるデモンストレーションなどが展開された。

同社の調査で、スマホやPCの合計接触時間がTVを抜き、ソーシャルメディアの急成長による消費者生活の生活環境変化が顕著にあらわれているとの数値が出ている。コミュニケーションは「説得」から「共感」へと代わり、新生活情報メディアでは「ユーザーとのコミュニケーションにより快適で心豊かな暮らしを共に作り続ける」を狙いにしていきたいとする。「Lion」と「idea」を足した造語である「Lidea」を媒体名にしたという同社の意気込みが感じられる。

「セーターの洗い方」や「ジャケットの自宅クリーニング」など、暮らしの中で登場するちょっとした「?」に、おばあちゃんの知恵袋的なアプローチで生活に密接したアンサーができるコンテンツなど、ユーザーの日常で生まれる悩みに対し解決へ向かわせることができるコンテンツの充実を目指す。

社内目標会員登録数は70,000件とし、ユーザーとのコミュニケーションを接点に自社ブランドサイトに誘導しECにつなぎ、そこでマネタイズを図る予定。あくまで情報集約の場という立ち位置を大切にし、ユーザーとの接点が増えればその分コミュニケーションの機会も増え、コンセプトである「ユーザーとのコミュニケーションにより快適で心豊かな暮らしを共に作り続ける」の実現に向けていきたいとプレスに語った。

当日はデモンストレーションセッションに、株式会社扶桑社ESSE編集長の佐々木智子氏、株式会社風讃社ひよこクラブ編集長の二階堂美和氏、料理家でブロガーのシラサカアサコ氏がゲスト参加した。テクノリジー協力面でのゲストには、株式会社ロックオン代表取締役の岩田進氏、株式会社フリークアウト取締役COO佐藤裕介氏、株式会社スケールアウトCRO宮本裕樹氏、ログリー株式会社代表取締役社長の吉永浩和氏など、豪華なメンツが登壇挨拶を行った。


取材/写真/分:島名


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事