思わずクリックしたくなる写真をスピーディーに低価格で

ECのミカタ編集部 [PR]

どんなに良い商品であっても、顧客にその魅力が伝わらなければ、売り上げを伸ばすことは難しい。とくにユーザーが商品を生で見られないECにおいて、商品写真は、売れるか売れないかを左右する重要な要素となる。株式会社エイト・バイ・テンでは、ECを熟知したプロのカメラマンが、モデルを使った商品撮影から物撮り、動画撮影までを低価格で提供。web制作も行っている。代表取締役でカメラマンの池畑直樹氏に話を伺った。

http://www.studio8x10.com/

モデルを使ったスタジオ撮影を3時間43000円で提供(2016年3月より価格改定予定)

1つのアイテムで複数ショット撮影します。

弊社へのご依頼でとくに多いのは、アパレルショップさんの商品撮影です。アパレルの場合、撮る要素が非常に多く、準備にも手間がかかりますよね。

たとえばトップスを1枚撮影するにしても、コーディネートを決めて用意し、モデル着用のイメージカットをさまざまな角度から撮影し、さらにディテール、カラーバリエも、、、という具合。作業が煩雑で、撮影に頭を悩ませているショップさん、制作会社さんも多いのではないでしょうか。

そこを効率よく、かつクオリティの高い撮影ができるようにしたのが、弊社の「モデル撮影パック」です。EC限定価格で、3時間で43000円〜(2016年3月より価格改定予定)。自社スタジオを使い、1日に4〜6件以上と安定した受注をいただくことで、低価格を実現しています。

撮影の流れとしては、お送りいただいた商品を自社スタジオで撮影後、写真を納品・商品を返却します。お客様に撮影に立ち会っていただくことも可能です。

商品にしわがあれば、撮影時にスチーマーをかけてきれいにしてからコーディネート。3時間なら、アイテムにもよりますが、だいたい20〜30パターンを撮影できます。1パターンにつき、モデル全身、ディテールなどさまざまなカットを押さえ、さらにメインカットは微妙に変化をつけながら6ショット程度を押さえます。写真データは基本的な補正をし、即日か翌営業日には納品します。

背景は、50以上あるオリジナルの壁パターンから、オプションでお好みのものをお選びいただけるので、場所を変えずに、さまざまな雰囲気での撮影が可能です。ご希望があれば、人工芝を使い、照明で屋外の雰囲気を演出することもできますよ。一般のハウススタジオを使うよりも費用を抑えられ、ロケのようにモデルが着替えのたびに移動する必要もないので、短時間で撮影できるのもメリットです。

モデルもオーディションで厳選された人材を、リストからお選びいただけるので、イメージに合った写真ができると思います。

お客様からは「期待を超える写真になってうれしい」「実物よりも魅力的に見える」「使いたい写真が多く、選ぶのに悩む」など、うれしい感想をいただいています。

倉庫スタジオ、動画、、、ニーズに応じて臨機応変に撮影

様々な背景を取り揃えています。

私は長年、ファッション雑誌やアパレル企業のカタログなどの写真撮影を行ってきました。2008年に自らスタジオを設立しましたが、直後に起きたリーマンショックの影響で、仕事が激減したのです。そこで、持っている撮影機能やモデル事務所とのつながりを活かしてできることをしようと考え、EC向けの撮影をスタートしました。

弊社のポリシーとして「会社の規模を問わず、同じ料金で同じクオリティをお約束する」というものがあります。現在のお客様は、大手企業から個人店舗までさまざま。長いおつきあいのところもあれば、口コミや、インターネットの検索を通してご依頼くださるケースも多々あります。

撮影対象は基本的に問いません。アパレルのほか、アクセサリー、食べ物、ふとん、自転車など趣味の道具も撮影しています。

自社スタジオでのモデル撮影だけでなく、物撮りや、ロケ、ハウススタジオでの撮影も承ります。

また倉庫にスタジオを組んでの撮影も得意です。ある大手ブランドのオフィシャルショップさんについては、立ち上げの頃から倉庫での撮影をお手伝いしています。倉庫に複数の撮影スタジオを組み、毎日スタッフを5〜6人派遣することで、1時間あたり100点以上の商品を撮影・画像処理しています。

こちらのオフィシャルショップさんは昨年、業界1位の売上げを達成されました。倉庫での撮影は、商品の出し入れが容易で時間短縮になるため、とくに撮影の機会が多いショップさんにはおすすめです。

写真やテキストだけでは伝えきれない躍動感、高級感、質感などを表現されたいなら、動画の撮影もぜひご検討を。ショップさんのイメージ作りや、細かいディテールの説明などの際に、動画は効果的です。

弊社ではディレクション、撮影、照明などをカメラマンが一貫して行い、編集のスタッフと2人体制で制作することで、早く、安く、ハイクオリティな動画を仕上げることができます。最近では、大手電機メーカーさんの海外販促用の動画を撮影させていただきました。

ユーザーにとって魅力的かつ、制作しやすい素材を

弊社にはweb制作の機能もあるため、写真撮影と制作を一貫してご依頼いただくことも可能です。

また制作ができるバックグラウンドを活かして、写真だけのご依頼でも、制作サイドの要望に沿った撮影ができることは、大きな強みです。

たとえば「写真の右側に文字を載せたいから余裕を残して撮影してほしい」とか「写真の合成を制作側で行うのが大変なので、写真データ自体を合成してほしい」などといった制作サイドのご要望がある場合も、柔軟に対応させていただきます。

私を含め、弊社のカメラマンはそうした制作サイドの事情を熟知していますし、必要があれば弊社のweb制作スタッフが打ち合わせや現場に立ち会うことで、よりお客様のイメージ通りの、制作しやすい写真を撮影することもできます。

「ページの制作に手間やお金をかけるより、写真を変えるほうに重きをおいたほうがいい」というのが弊社の考え方です。

売り上げが伸びずに困っているというショップさんから、制作のご相談を受けることも多いのですが「まずは写真を変えてみましょう」とご提案しています。

実際に、写真を変えただけで売り上げが目に見えて伸び「最初からお願いしていればよかった」とおっしゃってくださるお客様も多いのです。

最近はとくに、ユーザーが買い物の際にスピーディーに比較検討できるよう、ページを作り込まず、写真をシンプルに並べたようなページ作りも流行ってきています。

写真は料理の素材と似ていて、いい刺身はそのまま食べられるように、いい写真はそのままでも魅力的。いい写真を使うことで、結果的に制作の手間も抑えられると思います。

写真を変えただけで、月商三千万円に成長したショップも

弊社の写真撮影を利用されたことで、飛躍的に売り上げが伸びたお客様は少なくありません。たとえばあるレディースのアパレルショップさんは、2012のオープン当初は売り上げが数百万でした。しかし弊社が撮影を担当してから数ヶ月で売り上げがおよそ一千万円に伸び、現在では月商最高三千万円にまで成長しています。

同じように、弊社が撮影してから売り上げが大幅に伸び、楽天でランキングを取られるようになったショップさんも多数いらっしゃいます。楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー2015では弊社のお客様がジャンル賞3店舗、特別賞1店舗受賞されました。

私自身、ECでの買い物が大好きなのですが、数多くのショップさんを見ていると、思わずクリックしたくなる写真もあれば、そうではない写真もあるんですよね。後者はたとえば、商品が美しく見えない写真であったり、説明が足りない、、、たとえばポケットのアップがあっても、どの場所についているのかわからない写真。または物取り写真のみで、着た時のイメージがわかない写真、などです。

モデル撮影をしている場合でも、ショップさんのスタッフに商品を着せて、会社の端っこで撮影しているような写真ですと、ユーザーは魅力を感じにくいかもしれません。さらにプロが撮影したモデル写真と比べれば、その差は歴然としています。

ユーザーはたくさんの写真を見比べながら、スピーディーに商品を選びたいもの。商品がよくても、写真の時点でふるい落とされてしまっては、もったいないですよね。

コストをかけたくないから、自社で撮影を、、、と思われるかもしれませんが、一般の方が1週間かけて撮影をするボリュームを、弊社なら3時間くらいで撮影できます。ご自分でモデルを手配し、撮影して写真データを作るまでの手間を考えれば、弊社のサービスは非常にリーズナブルではないでしょうか。

モールを利用されているショップさんも多いと思います。弊社はAmazonの撮影ルールを熟知し、楽天のビジネスアワードも5年連続で受賞している実績がありますので、安心してお任せいただけると思います。

ユーザーが思わずクリックしたくなるような写真を求めておられるショップさんや、制作会社さんのお力になれれば幸いです。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。