リターゲティングソリューション「NaviPlusリタゲメール」における離脱メール利用状況レポート

柴野 桜

ユーザの最も反応する瞬間をリアルタイムに捉え、フォローメールを送ることで購入を促すリターゲティングメール。

今回は、ナビプラスのリターゲティングソリューション「NaviPlusリタゲメール」における離脱メールの利用状況についてのレポートをご紹介します。

カゴ落ちメールの効果は?

効果が高いと言われているカゴ落ちメールですが、実際のところどうなんでしょうか?

クリック率・・・メール内のリンクがクリックされた割合 (1通につき1クリックまでを対象)。
購入完了率・・・クリックされたうちの購入完了率。
売上シェア・・・サイト全体の売上における、NaviPlusリタゲメール経由売上の割合。
拒否率・・・・・配信拒否リンク(オプトアウトリンク)がクリックされメールが停止された割合。

やっぱり、購入完了率は高いですね!

多くの「NaviPlusリタゲメール」導入企業では、カゴ落ちメールも1通(1時間後)だけではなくて、2通目を翌日に送信しています。

カゴ落ちメールを2通も送ると、しつこくて嫌がられるんじゃないかと聞かれることがありますが、実際のところ1通目のカゴ落ちメールほどではないものの、高い効果を上げているようですし、拒否率はむしろ1通目より低いという状況です。

カゴ落ちメール以上の効果!【ブラウザ放棄メール】

カゴ落ちメールと合わせて配信することをお勧めしているのが、「ブラウザ放棄メール」です。

商品ページを見たけど、カゴに商品を入れることなく離脱してしまったお客様を追いかけて、再訪問を促すメールです。

カゴ落ちメールより反応率は落ちますが、売上シェアで見ると、、、続きは調査レポートで!!

「NaviPlusリタゲメール」導入企業の成果を公開!

本レポートでは、「NaviPlusリタゲメール」で配信された「カゴ落ちメール」「ブラウザ放棄メール」の成果を分析しました。
リターゲティングメール施策の参考としていただければ幸いです。

レポート内容:
・カゴ落ちメールのクリック率、購入完了率
・ブラウザ放棄メールのクリック率、購入完了率
・カゴ落ちメール、ブラウザ放棄メールの拒否率
・サイト業種/月商/顧客単価別の分析
など

ダウンロードはこちら
http://nv-plus.click/Retargeting_report_helpful

著者

柴野 桜 (Sakura Shibano)

2017年5月より株式会社ナビプラスにインターン生として入社。ECサイトの収益力強化を支援する、レコメンド・サイト内検索・レビュー投稿・リターゲティングメールなどのマーケティングツール「Naviplusシリーズ」や海外消費者向け越境ECソリューション「BuySmartJapan」のマーケティングに携わっています。現在は主に各種メディアのコラムや自社サイトのブログの執筆を担当しています。

http://www.naviplus.co.jp/

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。