Creema、ハンドメイドジャパンフェス2016開催レポ

ECのミカタ編集部

日本最大級のハンドメイドマーケットプレイス「Creema」は、2016年7月23日(土)・24日(日)の2日間に渡り、「ハンドメイドフェスジャパン2016」を東京ビッグサイトにて開催した。今回から、会場の広さを約1.5倍の広に規模を拡大して実施、結果として、過去最大の約5,500人のクリエイターと過去最多の約54,000人の来場という賑わいを見せた。その様子と、ECにおけるハンドメイド市場の今後の在り方を考える。

日本最大級のハンドメイド市場Creemaとその祭典

 Creema(クリーマ)は、2010年オープン。全国の作り手と使い手がネットで直接つながり、作品の売買を行うことができる日本最大級のハンドメイドマーケットプレイスだ。ファッション、インテリア、アクセサリーにアートなど、出店作家数約70,000人、出品作品数280万超(2016年7月現在)の規模を誇る。また、ネットとリアルを融合させた新企画にも積極的で、2012年より国内外の百貨店やギャラリーとのコラボレーションイベントをはじめ、2014年にはルミネ新宿2に常設店舗「クリーマストア」を出店。「本当にいいモノが埋もれてしまうことのない、フェアな世界を創ろう」をミッションに、「ものづくりの世界に、新しい巨大な経済圏を確立する」ことを目指してサービス運営を行っている。

 そんなCreemaが開催する「ハンドメイドジャパンフェス」は、日本各地で創作活動に取り組むクリエイターが一堂に会し、作品を展示・販売する”日本最大級のクリエイターの祭典”。日本ならではのクリエイティビティと手づくりの精度が合わさることで出来上がったものを、日本発のクリエイティブカルチャー「HandMade In Japan」として国内外に発信し、ものづくりに情熱を傾けるクリエイターを応援している。

過去最大級の盛り上がり、2016年の開催当日の様子

 第四回目の開催となる今回は、日本全国から約5,500名のクリエイターが参加。「クリエイターエリア」では、ファッション・アクセサリーやアート、家具・インテリアなどの販売のほか、ハンモックやダルマ作りなどの51ブースにもわたる多彩なワークショップなど、豊富なジャンルのブースが集結。

 「大人の夏祭り」をテーマに実施したスペシャル展示では、情熱と個性があふれる選りすぐりの50組の作品を発信するなど、クリエイターとユーザーが会話を楽しみながら、今年の開催テーマである「ものづくりってスゴイ!」を体感できる場となった。また「ミュージック&プレイエリア」では、スチャダラパーや土岐麻子、birdをはじめとする14組のライブが開催され、会場は熱気の渦につつまれた。さらに、2016年4月に「Creema」で新しくカテゴリーに加わった”手づくりフード”をパワーアップし新設された「フード&カフェエリア」では42ブースが出展。全国から集まったこだわりのフードを囲み、出展者と来場者の笑顔であふれる空間となった。

 今回の「ハンドメイドジャパンフェス2016」の出展クリエイターの多くは、ハンドメイドマーケットプレイス「Creema」や常設リアルショップCreema STORE(新宿ルミネ2)にて作品を出品しているので、今回のイベントに参加できなかった方も、クリエイターの作品を購入可能だ。

CtoC、オムニチャネル、次なる市場はハンドメイド?

 今、メルカリやラクマなど、フリマアプリ市場が盛り上がっているが、CtoCの次なる展開として、ハンドメイド市場にも大きな可能性があるのではないだろうか。ハンドメイド市場に関しても、Creemaやminneなど、ウェブサイトと共にアプリも大きな役目を果たしている。

 フリマアプリに関しては、不要になったものを有効活用する、売ることを前提に良いものを買って循環させるという、消費者行動の変化が起こっている。ハンドメイドに関しては、世界にただ一つのクリエイターの一点物に、ウェブサイトやアプリを通して気軽に出会えるようになったというところが大きい。クリエイターにとっては、販売機会を飛躍的に増やし、使い手にとっては、本当に応援したいもの、気に入ったものに出会う、そんな買い物を楽しむ機会を広げている。

 また、ハンドメイド市場の特徴的なところは、インターネット上だけで完結せずに、今回のイベントや実店舗などで、クリエイターと使い手が出会う場が積極的に作られていることだ。そこで、いつもお気に入りの作品のクリエイターと使い手が会ったり、逆にそこから新たなお気に入りを見つけたりする。この在り方は、オムニチャネルにもつながるように思う。

 ハンドメイド市場自体は以前から存在していたが、そこにECが関わることによって、その世界は大きく広がっている。モノを作って売る、その原点にあるハンドメイド。その市場の拡大は、EC市場にとってまた重要な動きとなるのではないだろうか。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録