その手口とは?あの店の店長、詐欺サイトで注文してみた

石郷“145”マナブ(編集長)

もはや他人事ではない、詐欺サイト。

 先日、ECサイト「ゲキハナ」の古屋悟司さんと話していたら、「詐欺サイト」の話題となった。でも「ゲキハナさんのところは、大丈夫ですよね」と聞くと、「いやいや、うちが被害にあってしまって」と言うので驚いた。

 なかなか起こらないことだと思っていただけに、よく知る店舗で起こっていたことで、一気に身近な問題に思えて来た。「ゲキハナ」は、付加価値のあるお花を売るサイトで、ランディングページにも趣向を凝らし、価格ではないところで、花を売り、お客様からの支持にも厚く、ファンも多い。

 詐欺サイトは、例えば、そのゲキハナと同じ物を販売し、あたかもそのサイトで買えるように見せているが、実はお金を振り込ませて、商品は届けない、ということを、やっている。一見、ネットショップに見えて、実のところ、まったくショップではない、というものだ。

店長自ら詐欺サイトで購入する実力行使

 聞けば、ここ最近だけで、知る限り、ゲキハナの普段のお客様のうち、6件も被害にあった。それも、お客様の報告により分かったという。そこで、古屋さんは、実際に自ら詐欺サイトで購入するという実力行使に出た。

 実際、氏がやってみて、気がついたのは、詐欺サイトがGoogleの「完全一致検索」を巧みに利用しているという点だ。例えば、詐欺サイト上でその商品は、古屋さんのサイトで登録している商品名

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

石郷“145”マナブ(編集長)

メディア編集部 ゼネラルマネージャー。キャラクター業界の業界紙の元記者でSweetモデル矢野未希子さんのジュエリーを企画したり、少々変わった経歴。企画や営業を経験した後、ECのミカタで自分の原点である記者へ。トマトが苦手。カラオケオーディションで一次通過した事は数少ない小さな自慢。

石郷“145”マナブ(編集長) の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
/ecnews/13558/