楽天 2017年第1四半期決算発表 国内ECの推移と今後の戦略

ECのミカタ編集部

楽天株式会社(以下、楽天)が2017年第1四半期の決算を発表した。国内ECからFinTech関連、自己株式取得など、ボリュームのある発表だが、今回は国内ECに注目して見ていきたい。楽天の国内ECにおける今後の戦略としては、ユニーク購入者の育成、ジャンル別戦略の強化、モバイルC2Cへの投資、日本郵便との提携などを挙げている。その理由や狙いはどこにあるのか。掘り下げてみたい。

 楽天が2017年5月11日に2017年第1四半期の決算を発表した。国内EC流通総額は7,775億円で、前年同期比+13.0%の伸びを見せてお

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。