【Criteo2017年第1四半期決算】堅調な業績を発表。事業投資にも積極的

ECのミカタ編集部

 Criteo S.A.(本社:フランス)は、パフォーマンスマーケティング(成果報酬型のマーケティング手法)のテクノロジー企業である。同社は、2017年3月31日を末日とする第1四半期の決算を発表した。

 Criteoは、デジタルパフォーマンス広告業界における、世界的なリーティングリーディングカンパニーだ。高度な技術、豊富なデータに基づくインサイト、測定可能なROI(投資効果)の提供をもとに、ユーザーの行動を分析。そして、ユーザー個人に合った、関連性の高い広告を配信し、成果へとつなげる。

売上は前年同期比29%増の5億1,700万ドル

 この度、同社は2017年第1四半期における決算を発表した。売上高は、前年同期比29%増の5億1,700万ドルとなっている。
 税引前利益に、特別損益、支払利息、および減価償却費を加算した値であるEBITDA。これは、設備投資額が巨大な企業において、本業の収益が安定成長しているのかを評価する指標だ。そのEBITDAに、固定資産除却損などの調整を加えた「調整EBITDA」は、前年同期比16%増の5,600万ドルだった。

 フリー・キ

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。