世界の動画ストリーミングアプリ市場の現状とは〜APACにおける各国の動画活用方法の違い〜

ECのミカタ編集部

 アプリ市場データを提供するApp Annie(アップアニー社)は、動画ストリーミングアプリ市場の現状を分析した調査レポート『アジアの動画ストリーミングアプリの現状』を公開した。APAC(アジア太平洋地域)における動画ストリーミングアプリの平均セッション時間や、AbemaTVの健闘ぶり、各国におけるマネタイズ方法の違いなどがまとめられている。

動画ストリーミングアプリ平均セッション時間は、日本がアジア市場No.1

 アップアニー社の『アジアの動画ストリーミングアプリの現状』という動画ストリーミングアプリ市場の現状を分析した調査レポートによると、APAC(アジア太平洋地域)における2016年上半期と2017年上半期の、上位5位の平均セッション時間を比較すると、日

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。