STORES.jpとオープンロジが業務提携。API連携で「倉庫サービス」がリニューアル

ECのミカタ編集部

 最短2分でネットショップを作成できるSTORES.jpを運営する、ストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社は、物流プラットフォームを運営する株式会社オープンロジと業務提携し、STORES.jp利用者向けに商品保管・配送代行を行う「倉庫サービス」を正式に開始した。

 STORES.jpの倉庫サービスは以前より存在していたが、この度、より多くのユーザーニーズに応えるべく、オープンロジとのAPI連携を行い、リニューアルした。

 オープンロジが提供するAPIを利用することで、複数の管理画面を行き来せずシームレスに、倉庫に関する作業を行うことができるようになる。以前は、入庫依頼をした商品の管理などが管理画面でできなかったが、今回のリニューアルにより、わかりやすく管理ができるようになった。

 また、以前はどの商品でも、一律800円(税別)で提供していたが、小さな商品の場合はどうしても割高になってしまっていた。オープンロジとのAPI連携を行ったことで、これからは発送商品毎に、配送料が変更される仕組みとなったため、330円(税別)から配送ができるようになっている。

 保管料に関しても、以前はどの商品でも、一律25円(税別)かかっていたが、これも小さな商品の場合は、割高になっていた。それと合わせて、保管期間も商品によってまちまちだったが、今回のリニューアルによって1日あたり0.2円(税別)〜となり、大きさ別・利用日数別で支払うことができるようになったため、必要な分だけ利用することが容易な仕組みに生まれ変わった。

ルーティーン業務の排除と、リソースの再分配に力を入れられるサービス

 今後は、ネットショップと連動した自動出荷機能が加わる予定だという。これにより、STORES.jpのストアオーナーは、商品を倉庫に送るだけで簡単にネットショップを運営することが出来る。売れたら自動的に配送してくれるスキームが実現すれば、これほど便利なことはないだろう。

 販売件数が多ければ多いほど、日々の発送業務に割かれる時間は大きくなる。このルーティーン業務を無くすことで、販売する商品のブラッシュアップにリソースを投入できるようになる。物流をアウトソーシングしようと思うと、複雑な料金体系、見積もりや問い合わせにかかる工数などもあり、なかなか導入までの道のりは遠いのが現状だ。

 そうした課題をネットショップのプラットフォームが引き受けてくれるのは、事業者にとってありがたいサービスだろう。それも今回のリニューアルで使い勝手も大幅に向上した。

 今後、STORES.jpとオープンロジは、社会的な課題となっている宅配便の再配達問題などの解決に向けても、両社で共同の取り組みを実施していく予定だとしている。多くの企業が手を組み、全体としてEC業界を盛り上げていこうとする姿勢は是非とも応援したい。今後の取り組みについても情報が上がり次第、随時お伝えしていこうと思う。

 ECノウハウ

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録