仮想通貨だけで売買できる日本初のECサイト『chattinessショップ』が誕生

ECのミカタ編集部

独自トークンを発行し電子商取引事業を展開する株式会社Chattiness(代表:小野寺 康平、本社:東京都港区)は、日本初の独自トークン(CHATTY)のみで決済する参加型EC『chattinessショップ』のサービス提供を開始した。

企業価値の高まりが原理に?

chattinessとは、「日本最安値のオンラインショッピング」を掲げている参加型ECショップだ。独自の仕入れルートを確立したことにより大幅に安価で高品質な商品を仕入れることを実現しているという。

また独自トークン(CHATTY)のみの決済可能とすることで、本来は販売時に商品価格に利益分を添加するところ、独自トークン(CHATTY)の流通量の増加にともなって、CHATTYトークンの価格上昇に伴う同社保有分のCHATTYトークンの時価総額の向上が見込まれるため、商品販売時の利益を最優先にせず、企業価値の高まりが最優先となるため、市場平均価格より安価な価格での提供を実現しているとのことだ。

仮想通貨のみで、誰でも売買できるサービスは日本で初めてとなる。同社は、独自トークン(CHATTY)の時価総額が上がる事により、実際に取引された値段よりも価値が上がるという付加価値が期待出来るサービスとしている。

CHATTYトークンの価値変動がカギか

現在ビットコインを中心に仮想通貨に注目が集まっている。しかし、多くが投資目的であり、仮想通貨を活用したサービスは少ないのが現状だった。同社では、そのような状況を前に、ブロックチャーン・テクノロジーを生活の中に取り込み、仮想通貨ならではの特製を生かし、サービスを非常に安く受けることが出来る通貨を実現したという

そうした理念のもと生まれた同サービスは、「売ったり買ったりをCHATTYトークンを通じて誰でも自由にできる」フリーマーケットサイトだ。前述した通り、独自トークン(CHATTY)決済のみでのサービスは日本で初めてとなる。

その最大の特徴は、CHATTYトークンによる時価総額の向上による付加価値にある。通常100円で出品し売買が成立すれば100円が入ってくる。しかし同サービスは、CHATTYトークンでの決済のため、100円分のCHATTYトークンが得られる。例えばCHATTYトークンの時価総額が2倍に上がると、理論上、実質100円で売った物が200円の価値になることになる。

仮想通貨に新たな価値を吹き込めるか

同社では、仮想通貨を活用したサービスは、今後も増加が予想されるとしている。そうした予測をもとに、出品商品点数の増加や会員数増加に伴い、利用環境を整えて「仮想通貨で決済することが当たり前になるような世界」を目指す方針だ。

仮想通貨は、特定の国家の中央銀行などが管理せず、ブロックチェーンという開かれた仕組みの中で息づいているが、昨今は運営会社のセキュリティの問題もあり、一部からは「仮想通貨はバブルだ」「幻想が崩壊した」とも言われる状況にあった。

しかし仮想空間で流通する今までにない金融の枠組みは、その潜在力を失ったわけではなく、今回のニュースのような新たなアイデアが多数出て来ることで、その可能性という物語を通して新たな価値を見出されていくのかも知れない。

 ECノウハウ

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録