売掛債権を買い取るサービス『請求書買取りβ』の提供開始

ECのミカタ編集部

株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO: 辻庸介、以下「マネーフォワード」)は、クラウド型請求書管理ソフト『MFクラウド請求書』において、請求書を買い取り早期入金する新機能「請求書買取りβ」の提供を開始した。

売掛金の回収リスクから解放

自動家計簿・資産管理サービス『マネーフォワード』、ビジネス向けクラウド型請求書管理ソフト『『MFクラウドシリーズ』などを提供するマネーフォワード社は、MFクラウド請求書』において、請求書を買い取り早期入金する新機能「請求書買取りβ」の提供を開始した。

『MFクラウド請求書』は、「請求書作成から送付まで、面倒な作業をシンプルに」をコンセプトに、見積書・納品書・請求書の作成から送付、受取までの一元管理ができるサービスだ。

最大の特徴は、請求書の作成・送付(メール・郵送)・入金等のステータス管理を手軽に行うことができる点にある。さらに同社のクラウド型会計ソフト『MFクラウド会計・確定申告』と併用することで、請求金額の入金管理を行うことも可能となっている。

そして今回提供が開始された「請求書買取りβ」は、『MFクラウド請求書』のユーザーの売掛債権を『MF KESSAI』が買い取るサービスとなっている。この機能を利用することで、資金の確保に加え、売上の回収リスクからも解放されるという。

社歴や業績関係なく利用が可能

このように、「請求書買取β」は、請求書に記載されている売掛金について債権譲渡を受けて買い取るサービスとなる(請求書の書面を買い取るサービスではない点に注意)。

「請求書買取りβ」の提供開始により同社は、企業の営業活動における売上から入金までのサイクルを短縮化し、資金繰りのサポートが可能となる。与信から入金までのオペレーションは、企業間後払い決済サービス『MF KESSAI』を提供する同社のグループ会社、MF KESSAI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:冨山直道)が提供することになる。

<「請求書買取りβ」概要>
◆提供開始:2018年7月2日
◆対象:『MFクラウド請求書』有料プラン加入の事業体
◆特長:
・社歴や業績関係なく利用が可能
・保証人は担保が不要
・手続きはオンラインで完了
・請求書買取りの審査結果は、取引登録後最短数秒~1営業日以内に完了
・早期振込申請日の5営業日後に振込を実行

「資金繰り」という根本的な課題に向き合う

「請求書買取りβ」提供開始には次のような背景がある。中小企業や個人事業主の中では、資金繰りに関する課題を抱えている事業者が多く存在している。同社は、煩雑で手間のかかる申込プロセスや書類準備、審査にかかる時間などがハードルとなり、事業に必要な資金をタイムリーに確保しづらい状況が生じていると分析する。

また一般的に融資を受ける際は、一定期間の決算書の提出が求められるため、創業間もない企業は融資を受けづらいことも課題の一つとして挙げられる。そのような状況を踏まえて同社はこれまでも、『MFクラウドファイナンス』や『MF KESSAI』を通じて、これらの課題にアプローチしてきた。

『MFクラウドファイナンス』は、会計データを活用し、金融機関からの融資をオンライン上で迅速に行うことができる資金調達サービスだ。また『MF KESSAI』は、企業の与信審査から請求書発行、代金回収までの決済業務を一括して代行する企業間後払い決済サービスとなっている。
 
これらに加え、今回の「請求書買取りβ」の提供開始により、『MF KESSAI』に加え『MFクラウド請求書』ユーザーにも早期入金を行い、より多くの事業者の資金繰りをサポートしていくことが可能となった。さらに、今後蓄積した請求データをさらに活用することで、より精緻な与信モデルの構築に取り組んでいく方針だという。

これらのサービスはもちろんEC事業を展開する各事業体にとっても存分に活用できるものだ。事業体の血流である資金調達と資金サイクルの面で力強いサポートをする同社のソリューション、そして今回提供が開始された「請求書買取りβ」によって、さらに多くの事業体のビジネスを加速させることが可能となることだろう。

 ECノウハウ


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録