WebマーケティングツールReproでECを制す

ECのミカタ編集部

Repro株式会社(本社:東京都渋谷区/代表:平田祐介)は、新サービスとしてWebマーケティングツール「Repro Web」の提供を10月4日より開始することを発表。

これにより、アプリとあわせてデジタル領域の自社チャネルにおけるあらゆるデータを可視化・分析し、統合的なマーケティングを行うことが可能になる。

国内シェアNo.1のRepro

モバイルアプリのマーケティングツール「Repro」は、アプリユーザーの行動・属性データを取得し、そのデータをマーケティングに活用できるよう加工、プッシュ通知やアプリ内メッセージ、広告配信といったマーケティング施策の実施を実現してきた。
 
国内シェアNo.1という地位を築き、2018年5月時点で世界59カ国5,000以上のアプリへの導入実績を誇る。

新サービス「Repro Web」でWeb領域に拡大

近年のEC市場の急拡大等に伴い、アプリとWebの両チャネルを運営する企業が増加している。

そこでRepro社は、アプリ領域に加えて新たにWebのマーケティングツール「Repro Web」をローンチ。「Repro Web」では、アプリ版同様、サイト来訪者の行動・属性データを取得し、課題を可視化。課題に応じたWebメッセージをサービスに適したデザインで、かつ直観的な操作で実施することが可能となる。
 
すでに「Repro」の既存クライアントを中心に、クローズドベータ版の提供を2018年6月より開始。ディップ株式会社のバイトルやGMOペパボ株式会社のminneなどへの導入が決定している。

Web・アプリを横断する統合的なマーケティング

「Repro Web」のローンチにより、検索を軸にユーザーの獲得に適した「Web」と、獲得したユーザーをコンバージョンに繋げることに適した「アプリ」の両チャネルの特徴を活かした、統合的なデジタルマーケティングを行うことが可能になる。

例えば、『Webで商品を閲覧し、商品Aをお気に入りにしたユーザーに、商品Aが特別価格で購入できるキャンペーンをアプリのプッシュ通知で配信し、購買に繋げる』などの施策が可能となるわけだ。Web・アプリ双方のデータをもとに、課題や状況にあわせたさまざまな展開を一つの管理画面でおこなえる。

AIも活躍。デジタルマーケティングの自動最適化

Repro社は、AI・機械学習の研究開発チーム「Repro AI Labs」を立ち上げるなど、マーケティングの自動化に向けて、積極的な投資もおこなっている。AIによって、人間の作業ではカバーできない領域のマーケティングも可能とした。

最たるものが、「プッシュ時間の最適化」。通常、対象のアプリにおいてユーザーが最も閲覧される時間帯に通知を一斉配信するのが一般的だが、「Repro」では、一人ひとりのユーザーごとに最適な時間を自動的に算出し、例え早朝4時や5時であってもユーザーに喜ばれる施策の実施を提案する。
 
現に、実証実験ではこれまで16~17時に一斉配信していたところを、時間帯最適化機能を使い、期待行動をするユーザーが20%増するといった成果が出ている。

Reproが牽引するECマーケティングの未来

Repro社は「今後もWeb・アプリのみならず、新たな領域のデータを連携させ、世の中のサービスとユーザーが最適なコミュニケーションを図ることのできる世界をつくっていく」とコメントしている。

ECが活発化していく現代で生きる事業者にとって、ReproのようなEC業界に特化したマーケティングツールを持つ企業は、業界の先導者となっていくだろう。

 ECノウハウ


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録