YappliとReproが連携開始。アプリ運用の業務改善へ

マーケティングプラットフォーム「Repro(リプロ)」を提供するRepro株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:平田 祐介、以下「リプロ」)は、株式会社ヤプリ(本社:東京都港区、代表取締役:庵原保文、以下「ヤプリ」)が提供するクラウド型アプリ運営プラットフォーム「Yappli(ヤプリ)」と連携し、アプリマーケティング強化支援サービス「Yappli De Repro」の提供を開始した。

アプリ分野で強みのある2社の連携

ヤプリ社は、プログラミング不要でモバイルアプリの開発ができるサービスを提供している。管理画面上の直観的な操作でアプリを開発できることから、専門的なノウハウを持たない非IT系をはじめ、さまざまな企業への導入実績がある。

一方のリプロ社は、プログラミングを必要とする部分はSDKの実装のみでアプリ・Webユーザーの行動・属性データを使った細かなセグメンテーションプッシュ通知やポップアップメッセージの配信を可能としており、国内においては知名度のあるアプリの大部分にも導入されている。今回その2社が強力なタッグを組むことになった。

プログラミング不要で開発からマーケまで可能に

近年の動向として、企業は新たなデジタル技術を活用することによって既存ビジネスを再構築し、これまでにない価値を生み出していくデジタルトランスフォーメーション(DX)が求められている。DXを進めるためには、それに対応する人材の確保やITシステムの導入は必要不可欠となるが、それに反比例してIT技術者の不足は年々顕著になる一方だ。

アプリ開発やアプリマーケティング領域においても「Webサービスをアプリ化したいがアプリを作れるエンジニアの採用がうまくいかない」「アプリの改善にエンジニアのリソースが取られ、マーケティングに関わる開発ができない」などといった課題を持つ企業の声が挙がっていたという。

これらの課題を解決すべく、ヤプリとリプロが連携し、「Yappli De Repro」の提携を開始することになったのだ。この連携により、顧客はプログラミング一切不要でアプリ開発からアプリマーケティングが可能となるという。

Web・アプリ間を横断しピンポイントで届ける

「Yappli」の管理画面上で思いのままにアプリを開発することができる。メンテナンスも簡単に行うことができ、アプリストアへのリリース作業も不要だ。「Repro」では、どのような属性のユーザーがアプリを利用しているか、またアプリ内でどのような行動をしているかを分析機能で可視化することが可能だ。

また、それら属性・行動データを活用して、プッシュ通知やアプリ内メッセージ、広告へのデータ活用などのマーケティング施策の実施ができる。アプリだけでなく、Webサービスにも「Repro」を連携させることでWeb-アプリ間のチャネル横断的なユーザー行動分析とマーケティングができるようになる。

さらにAIがアプリから離脱してしまいそうなユーザー群を予測・抽出する機能『SmartAudience™』の「チャーン予測」の活用で、販促費を抑えながらも効率的なリテンション施策を実施できるなど、マーケティングの幅が格段に広がることになる。

例えば、一週間前にECアプリをダウンロードしたがその後アプリを使っていないユーザー群に対し、「アプリ経由で商品を購入すると割引をする」といったプッシュ通知を配信するなど、アプリで商品をお気に入りに入れている30代後半の男性のみをターゲティングして、そのユーザーがWebサイトに再訪してきたときに状況に合わせたポップアップメッセージを表示させるなどの施策が実行できる。

すでにファッションECアプリ「FABIA」に導入

同ソリューションはまた、2018年12月20日に「Yappli」でアプリをリニューアルした、オットージャパン株式会社が運営するファッション通販アプリ「FABIA」が「Yappli De Repro」の活用を開始している。

FABIAは「トレンドを意識しつつも、自分らしいスタイリングでおしゃれを楽しむ女性」へ向けたファッションブランドで、ファッション通販アプリを展開している。こうした実際のアプリにおいて導入が進むことで、同ソリューションの真価が発揮され、また今後の新たな進化へもつながることになるだろう。

ファッションECのみならず、開発に課題を抱え、かつより精度の高いマーケティングやプロモーションを志向する事業体にとって、今回の連携開始は朗報となりそうだ。