『Amazonプライム』料金を初の値上げ 年会費3,900円が4,900円に

ECのミカタ編集部

Amazonジャパン合同会社(以下「Amazon」)は、会員制有料サービスである「Amazonプライム」について、値上げをすることを公式に発表した。Amazonが「Amazonプライム」の料金を日本国内で値上げするのは、同プログラムを開始して以来初めてとなる。

年会費・月会費いずれも値上げ

Amazonの日本法人は同社のサイト内において、同会員制有料サービスである「Amazonプライム」の年会費および月会費をいずれも値上げすることを公表した。

「Amazonプライム」は、同サイト内で購入した商品につき、同プログラムが適用されているものについては、「お急ぎ便」「お届け指定便」といった迅速な配送メニューを定額の会費内で何度でも追加料金無しで選択できるほか、定額動画配信サービス「Primeビデオ」、定額音楽配信サービス「Primeミュージック」など各種のコンテンツサービスも利用できる。

年会費3,900円が4,900円に

「Amazonプライム」公式より。

Amazonの発表によれば、2019年4月12日にAmazonプライムの会費を改定した。月会費・年会費の各支払いプランのプライム会員のユーザーが、同じ支払いプランを更新する場合に、2019年5月17日以降の請求から改定後の会費が適用される。

なお4月12日以降に会費プランを変更(例:月会費から年会費に変更)した場合は、改定後の会費が適用される。また学生向けのプランである「Prime Student」についても、年会費については従来の1900円から2450円に、月会費も200円から250円に値上げとなる。

値上げを市場とユーザーはどう判断するか

日本における「Amazonプライム」の年会費は、アメリカ本国のものと比べると比較してかなり安いことでも知られてきた。先にAmazon日本法人の経営陣は、国内メディアの取材に対して「Amazonプライム」の会費について当分は変更する計画は無い旨の発言をしていたが、それから1年を待たずして、大幅な価格の変更に踏み切ったことになる。

Amazon日本法人については、先に新ポイント制の導入を公表し、それが独占禁止法の「優越的な地位の乱用」にあたるとの指摘があり、また公正取引委員会が調査に乗り出したのを受けて実施を撤回するなど、全体として強気の姿勢と前触れなきスキームの変更が目立つ。

今回も当然にして値上げによって新規での会員獲得が仮に鈍化したとしても、総じて利益を出せるとの目論見があるのは間違いないだろう。また従来から市場や各種メディアから「Amazonプライム」年会費値上げの潜在的可能性があることは指摘されて来てはいたものの、このタイミングでの公表は「突然」との印象は拭えないところだ。

いずれにしろ年会費の値上げ後の「Amazonプライム」、そしてAmazonそのものの価値をどう判断するかは、市場とユーザーの手にゆだねられているとも言えるだろう。

販促カレンダー2019


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録