ロボットが配送手配をお手伝い!Amazon、国内2拠点目の「Amazon Robotics」導入FC稼働へ

ECのミカタ編集部

Amazonは、4月4日(木)、大阪府茨木市に国内2拠点目となる「Amazon Robotics」を導入した新たな物流拠点「アマゾン茨木FC(フルフィルメントセンター)」の本格稼働を開始した。

ロボットが業務をお助け!「Amazon Robotics」導入FCとは

「Amazon Robotics」は、商品棚の下に「Drive」と呼ばれるロボットが入り、棚を持ち上げ、FC内を移動する革新的なテクノロジーだ。

ロボットが商品棚を従業員の前まで運ぶことにより従業員が移動することなく作業できるため、入荷した商品の棚入れ時間と、消費者の注文商品の棚出し時間の削減につながる。

今回の大阪府茨木市に開設された「アマゾン茨木FC」は「Amazon Robotics」を導入したFCとしては国内で2拠点目、西日本では初となる。
1拠点目は神奈川県川崎市の「アマゾン川崎FC」だ。

「アマゾン茨木FC」では働きやすい職場環境をつくるため、壁面にデザインを施した広く明るいカフェテリアを設け、安くておいしく、従業員の健康に配慮したメニューを提供する。ソファーのある休憩スペースや作業エリアでも音楽を流すなど、リラックスできる環境作りにも取り組む。

FCネットワーク拡大で配送強化、地域貢献にも

アマゾンでは日本のFCネットワーク規模を順次拡大中だ。

FCネットワークを拡大することで、品揃えを強化し、Amazonマーケットプレイスに出品する販売事業者のオペレーションを支援、消費者へさらなる迅速な配達環境を提供する。

また、日本全国のFC所在地の自治体、学校、コミュニティの協力を経て、様々な地域貢献活動も実施している。
「アマゾン茨木FC」においては、近隣の小学校などに対して施設見学会や物流の体験授業などの活動を予定している。

物流を強化するだけでなく、若い世代が物流の本質を知ることで物流業界の拡張につなげる。これからECがますます日常に根付くだろうし、切っても切れない関係にある物流業界を身近に知っておくことは価値があるだろう。

 ECノウハウ


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事