アリババ2019『618商戦』ブランド売上ランキングで日本が1位に 総取引高は1億元の大台を突破 

ECのミカタ編集部

アリババグループはEコマース事業の淘宝網(Taobao、タオバオ)と天猫(Tmall)で開催した「618商戦(618 Mid-year Shopping Festival)」で、多くの記録を更新したことを公表した。

小規模都市・農村部などの購入が100%増

アリババの今回の「618 商戦」では、アリババの小売プラットフォーム上で20万以上のブランドと店舗がキャンペーンに参画し、史上最大規模となった。また淘宝天貓のマーケティング・ソリューションの活用によって、110以上のブランドが1億元の取引高を突破した。

今年のトレンドとして新興地域に住む消費者の購買力の伸びが著しく、中でも地方小規模都市や、農村部などの購買者数と購買金額ともに昨年同期比 100%増となった。

天猫国際(Tmall Global)では、地方小規模都市の消費者による輸入商品の取引高が昨年同期比 153%増に伸びた。中国国内の都市別の取引高ランキングでは、主要都市である上海、北京、広州、深セン、杭州、成都、重慶、蘇州、武漢、南京が上位 10 都市でしたが、取引高の増加率ランキングでは、新興地域が上位 10 都市を占めた。

さらに、今年の「618商戦」では150万以上の新商品が発表され、うち48%以上の商品は主要都市以外の消費者が購入している。新興地域における巨大な消費力の成長可処分所得の増加によって、新興地域の消費者の購買力は伸び続けており、中国消費者の購買力の継続的な成長における強力なエンジンとなってきている。

それが今年の「618商戦」をけん引しており、商戦期間中に発表された150万以上の新商品のうち48%以上は主要都市以外の消費者に購入されているのだ。新興地域の消費者の嗜好やニーズが多様化しており、靴下や歯磨き粉などの日用品だけでなく、輸入スマートフォンからマレーシア産ドリアンフルーツまで、多岐にわたる商品が購入されているそうだ。

海外ブランド売上ランキングでは日本が1位

海外ブランドの売上ランキングでは日本が1位に越境Eコマース事業の天猫国際(Tmall Global)では、昨年の「618商戦」開始後14時間の売上金額を、開始からわずか1時間で達成し、売上金額は昨年同期比で197%増となった。また、国地域別の海外ブランド売上ランキングでは、日本が1位を獲得した。

昨年同時期と比べ日本ブランドの売上増加率は、花王のキュレルが245%増、小林製薬が192%増、任天堂が182%増だった。中でも、任天堂のゲーム機 Nintendo Switch、ドクターシーラボの美容液、資生堂のSK-IIの化粧水、ヤーマンの美顔器などが人気商品となっている。

◆2019 年「618 商戦」におけるアリババグループ各事業の実績

[Luxury Pavilion]
天猫の高級ブランドプラットフォームLuxury Pavilionは急成長を遂げている。「618商戦」では取引額が1.4倍増加し、新興地域における25歳以下の消費者が主な購入者層だ。Versace 旗艦店も昨年同期比約20倍に増加した。

[天猫国際]
天猫国際のデータによると「618商戦」期間中、日本・アメリカ・韓国・オーストラリア・ドイツブランドがTOP5位にラインクインしており、地方小規模都市の消費者が天猫国際で輸入商品を購入する取引額が、去年同期と比べ153%増加した。

[Cainiao物流]
「618商戦」期間中では、へき地を含む354の大陸都市の消費者が菜鸟の即日配送サービス「当日達」を体験することができた。「618商戦」で活用された新たなマーケティングツールについてデータによると「618商戦」期間中、タオバオ(Taobao)・天猫(Tmall)は新しいテクノロジーを活用し、ブランドのカスタマー・エンゲージメントの向上に貢献した。

[オバオライブ配信]
タオバオライブ配信を活用したブランド数は去年同期と比べ 120%を増加し、ファッション、コスメ、ベビー用品、日用電子製品及び食品などを含む、より多くの業界がタオバオライブ配信を活用するようになった。Puma、Decathlon、Crocs及びCasioなどのブランドは期間中に初めてタオバオライブ配信を利用した。

[天猫新商品開発センター]
天猫新商品開発センターは消費者の購買傾向を分析し、ブランドの新商品開発期間を短縮させ、消費者ニーズを取り入れた商品化に取り組んでいる。今年の「618 商戦」の実績の一例として、ネスレコーヒーの新商品は、僅か2時間で 44,000個の売上を突破した。

[天天特売]
淘宝網スマホアプリ上の「天天特売(Daily Deals、以下「天天特売」)」は「618 商戦」で予想以上のスピードで、出店企業のために 4.2億件のオーダーを獲得させた。「天天特売」はアリババエコシステムのビッグデータ、IoT 技術を活用することで、伝統製造業の工場及びサプライチェーンのデジタル化をサポートしている。

[@cosme の「618商戦」連動型POP UP Store]
コスメ・美容の総合サイト@cosme を運営するアイスタイルグループが、上海で「618商戦」と連動したPOP UPStore イベントを6月10日から6月18日まで開催した。イベント期間中は多くの消費者が来場し、実際に商品を試した後、気に入った商品をその場でQRコードを読み込み、天猫国際(Tmall Global)」上の「@cosme海外旗艦店」で購入した。

「独身の日セール」に匹敵する一大イベントに成長

今回の公表に際し、淘宝網および天猫社長 蔣凡(Jiang Fan)氏から次のようなコメントが出されている。

「『618商戦』の成果は素晴しいものとなり、「独身の日セール」の規模と熱気に匹敵する一大イベントとなりました。100以上のブランドは、天猫での売上が昨年の独身の日セールの売上を超えました。

さらに共同購入サービス『ジュファサン』というマーケティングツールの活用に対して、新興地域の消費者からの反応が良く、多くのブランドの新興地域への浸透を加速させることができました。

地方小規模都市での消費者数および購入金額は、昨年同時期比で100%以上に増加しました。このような実績は、新興地域へのブランドの浸透および消費者の新規獲得を狙った戦略が成功していることの証です。

今後も、ブランドの中国市場の開拓において、地方小規模都市の消費者は重要なターゲットとなってくるでしょう」

このように今年のアリババ「618商戦」は熱度をさらに増したようだ。特にアリババは、先に本年の「618商戦」については中国の大都市部以外の中小都市や農村部を新たなターゲットとすると宣言しており、今回その目論見が大きく当たったことが証左されたようだ。

また日本ブランドの人気も根強いものがある。アリババが新たに獲得した「非大都市圏」という大きな市場も加わり、今後も同プラットフォーム上で展開される日本からの越境ECはさらに加速して行くことが期待される。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事