Amazonが販売手数料の一部値下げを実施 対象期間は2020年3月~2021年2月末までの1年間

ECのミカタ編集部

Amazonは「2020年販売手数料のプロモーション」として一部カテゴリーのプライム対象商品の売り上げに応じて販売手数料を期間限定で引き下げた。

先のアナウンス通り一部手数料の値下げを実施

Amazonは、先に2020年前半にもFBA手数料を再値上げし、販売手数料は一部引き下げるとしてアナウンスを行っており、今月より期間限定で「2020年販売手数料のプロモーション」として、一部カテゴリーのプライム対象商品の売り上げに応じて販売手数料を引き下げている。なお同社によればFBA手数料の変更については2020年4月に予定されている。

プロモーション概要

プロモーションの実施期間は2020年3月1日~2021年2月28日となる。実施期間中は次の条件が適用される。

◆服&ファッション小物カテゴリー

服&ファッション小物カテゴリーについて、プライム対象(FBAまたはマケプレプライムを利用)商品の売上合計が3,000円(税込)を超える場合、3,000円を超えた部分に対して販売手数料率を15%から8%に引き下げる。売上合計が3,000円以下の場合は、引き続き15%の手数料が請求される。

◆シューズ&バッグカテゴリー

シューズ&バッグカテゴリーについて、プライム対象商品の売上合計が7,500円(税込)を超える場合、7,500円を超えた部分に対して販売手数料率を15%から5%に引き下げる。売上合計が7,500円以下の場合は、引き続き15%の手数料が請求される。

なお売上合計は、商品価格、配送料、ギフト包装料を含む。

◆プロモーション期間など

同プロモーションは、2020年3月1日0:00~2021年2月28日23:59(日本時間)の間に出荷通知を送信した注文に対して、自動的に適用される。出品者がこのプロモーションへ登録する必要はない。

システム上の問題により、実際の時間が上記予定よりも早く、または遅くなる場合があるので要注意。同プロモーションが終了すると、販売手数料率は同プロモーション実施前の手数料率に戻る。

◆手数料の例

服&ファッション小物: プライム対象として出荷した服&ファッション小物カテゴリーの商品の売上合計が4,500円の場合、販売手数料は570円(3,000円 × 15% + 1,500円 × 8% = 570円)になる。

シューズ&バッグ:プライム対象として出荷したシューズ&バッグカテゴリーの商品の売上合計が10,000円の場合、販売手数料は1,250円(7,500 × 15% + 2,500円 × 5% = 1,250円)になる。

「定期的に販売手数料を見直す」

Amazonでは今回の施策実施の背景として次のように述べている。

「Amazonでは、コストの変動、業界の動向の変化、出品者様からのフィードバックを反映し、出品者様の販売機会を拡大していただくために、定期的に販売手数料を見直します。この度、出品者様がより多くの品揃えで出品できるよう、特定のカテゴリーにおいて販売手数料を引き下げる12か月間のプロモーションを実施することとなりました」。

これまでもAmazonは断続的に販売手数料の見直しを行ってきたが、今回は「プロモーション」の形をとり1年間の期間限定で一部カテゴリーの対象商品について実質的な値下げを行った。1年間が長いか短いかは議論のあるところだろうが、出品者としては継続してAmazonの動向から目が離せない状況が今後も続きそうだ。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事