食べログが掲載情報を拡充 テイクアウト・デリバリーのクチコミも一目でわかるように

「食べログ」は、飲食店の衛生対策情報を掲載開始した。また、口コミ投稿時の利用種類に「テイクアウト」「デリバリー」などを追加し、実際の食事内容に沿って口コミを投稿できるようになった。

実際の食事内容に沿って口コミが投稿できるように

株式会社カカクコムが運営するレストラン検索・予約サイト「食べログ」は、飲食店の衛生対策情報を掲載開始した。また、口コミ投稿時の利用種類に「テイクアウト」「デリバリー」などを追加し、実際の食事内容に沿って口コミが投稿できるようになった。

◆店舗情報ページに「衛生対策」項目を追加

従業員に関する「出勤前の検温」「マスク常時着用」「手洗い・うがい徹底」、店内の「定期的な換気」「隣客との距離確保・間仕切りあり」といった各種項目が追加された。飲食店は「食べログ店舗準会員(無料)」に登録することで、衛生対策情報の発信が可能となった。

◆口コミ投稿時の利用種類に「テイクアウト」「デリバリー」などを追加

口コミを投稿する際に選択する利用種類として、「テイクアウト」「デリバリー」「その他」を追加した。店舗詳細ページに表示される口コミには各アイコンが付き、テイクアウトやデリバリーによる食事などに関する口コミが一目でわかる。

「衛生対策をとっているお店を利用する」86%

同社では、今回の機能拡充に際してアンケートを実施し、その結果も公表している。

食べログユーザーアンケート結果(2020年7月調査/調査期間:2020年7月1日~3日/調査対象:全国の食べログ会員ユーザー約4.4万人)

◆「新型コロナウイルスへの対策をとっているお店を利用する」合計で約86%

◆「新型コロナウイルスへの対策をとっているお店はホームページやグルメサイトで確認」約69%

衛生対応がお店選びの重要な判断基準に

同社では「このたびのサービス拡充について」と題した次のようなコメントを出している。

「食べログは、ユーザー・飲食店双方に便利にご利用いただけるようサービス強化に継続して取り組む一環として、このたび掲載情報と口コミ機能を拡充しました。直近においては緊急事態宣言の解除以降、飲食店で外食する方も増える傾向にあり、7月に実施した食べログユーザーアンケートでも衛生対策を取っているお店の利用意向が9割近くにのぼるなど、飲食店が行う衛生対策の情報に対するニーズは高まっていると考えられます。そこで今回食べログでは、店舗情報ページに『衛生対策』項目を追加し、お店がどのような対策を取っているか一目でわかるようにしました。

また食に対するニーズの多様化に伴い、テイクアウトやデリバリーの利用も引き続き拡大すると考えられることから、イートイン以外で食事をした場合にも実際の利用内容に沿って口コミを投稿できるよう、口コミ投稿時の利用種類に『テイクアウト』『デリバリー』などを追加しました。食べログでは、ユーザー・飲食店双方のニーズにお応えできるよう、今後も利便性の向上とサービス拡充に努めてまいります」

未だ終息が見えない新型コロナウイルスによる感染拡大。食の面でもテイクアウトやデリバリーへの重要が高まっているが、食の情報プラットフォームである食べログは、今回の機能拡充によって、ウィズコロナ時代の新たなニーズに対応することにより、その価値を高めることになりそうだ。

ECのミカタ通信19号はこちらから