[EC-CUBE × まとまるEC店長]連携が実現 ニーズ増で業務負荷が大きくなっているEC事業者をサポート

ECのミカタ編集部

株式会社ブランジスタソリューションが提供している在庫一元管理システム「まとまるEC店長」は、株式会社イーシーキューブが提供する無料ECサイト構築システム「EC-CUBE」との連携を開始する。

ECサイト運営事業者を幅広くサポート

ブランジスタソリューション社が提供している在庫一元管理システム「まとまるEC店長」は、イーシーキューブ社が提供する無料ECサイト構築システム「EC-CUBE」との連携を開始する。ブランジスタソリューションでは、連携を通し、増加しているEC需要に伴って業務負荷が大きくなるECサイト運営事業者を幅広くサポートするとしている。

「まとまるEC店長」は、月額9,800円(税抜)から使える多モール一元管理ツールだ。楽天市場、ヤフーショッピング、amazon等の「商品・在庫・受注」を一元管理し、日々の作業を最大80%削減できるクラウドサービスとなっている。一元管理によって機会損失を防ぎ、ネットショッピングの運用コストを抑え、また越境ECをスムーズに始められる。

EC-CUBE × まとまるEC店長

ブランジスタソリューションは、ECサイトの運用代行サービスを2005年から提供しており、自社ECサイトやECモールに出店されている事業者へ、ECサイトの運営に必要なサービスをワンストップで提供。在庫一元管理システム「まとまるEC店長」、物流・出荷代行サービス「ブランジスタ物流」、海外販売代行サービス「越境ECサポートサービス」、チャット支援ツール「SOKURESU」といった、ECサイト運営事業者の事業拡大に必要なさまざまなサービスを展開してきた。

同社によれば、ECサイト運営事業者は複数のモールへ出店し、多店舗展開することで売上の増加を図るケースが多く見られるという。同社の在庫一元管理システム「まとまるEC店長」は、多店舗展開に必要不可欠な、商品連携、在庫連携、注文管理の3大機能をまとめて月額9,800円(税抜)〜という低価格で提供。楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazon、ヤフオクストア他、主要モールに対応しており、一元管理によって機会損失を防ぎ、運用の手間が省けるためコストを削減することができる。

一方、「EC-CUBE」は、年間流通総額2,100億円、35,000店舗以上が利用している無料ECサイト構築システムだ。無料でありながら高機能なカスタマイズが簡単に行えることや、サイト構築・カスタマイズなどを請け負う数百社の企業が参加する国内最大級のパートナーネットワークを持ち、自社ECサイトを運営する多くの事業者が利用している。

今回、同社のクライアントから大変要望の多かった「EC-CUBE」と、「まとまるEC店長」の連携を開始することとなった。現在「まとまるEC店長」と「EC-CUBE」を利用している企業は、自社ECサイトも含めた一元管理を実現できる。また「まとまるEC店長」利用しておらず、「EC-CUBE」を利用している企業は、自社ECサイトに加えて今後多店舗展開の際に「まとまるEC店長」を利用することができ、売上の増加を図ることができるとしている。

増加するEC需要に対応

ブランジスタソリューションでは連携に際し、次のように述べている。

「新型コロナウィルス感染症の拡大に伴う巣ごもり需要の高まりを受け、ECサイトを利用される方が増加しており、楽天(株)では『楽天市場』をはじめとする『ショッピングEコマース流通総額』が大きく伸長し、前年同月比で57.5%増となりました。このような背景を受け、『まとまるEC店長』と『EC-CUBE』の連携を行うことで、ECサイトへの需要増加によるECサイト運営事業者の拡大や、業務負荷の軽減につながると考えております。また、当社は、これまでAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングなどのプラットフォーム支援を中心にサービス提供しておりましたが、今後は『EC-CUBE』などを活用した自社ECサイト構築支援やマーケティング分野にも力入れ、幅広いクライアントの獲得による売上の拡大を図ってまいります」

これまでもECプラットフォーム、在庫管理システムとしてユーザーからの支持を得てきた両者の連携が実現した。特にブランジスタソリューションでは、自社ECサイト構築支援やマーケティング分野にも力入れるとしており、連携によるシナジーを通したこれからの展開に期待がかかるところだ。

ECのミカタ通信19号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事