EC購入率490%を実現 CV最適化プラットフォーム『Fanplayr』によるメール配信で購入率約5倍に

ECのミカタ編集部

JAMU株式会社は、「F.O.Online Store」が導入している「Fanplayr」でセグメント化したECユーザーに対するメール配信において、購入率の向上を実現したことを公表した。

約5倍の購入率を達成

JAMU株式会社(東京都世田谷区、代表取締役: 上田英明、以下 JAMU)は5月19日、こども服・ベビー服の通販サイト「F.O.Online Store」(F・O・インターナショナル 兵庫県神戸市、代表取締役社長:小野行由)が導入しているコンバージョン最適化プラットフォーム「Fanplayr」でセグメント化した ECユーザーに対するメール配信において、約5倍の購入率を実現したことを公表した。

商品購入率が、実に490%へ

F.O.Online Store では、2021年4月よりFanplayrで顧客行動をAIで解析してセグメント、Cuenote FCでそのユーザーにメール配信、という連携を開始し、効果測定をしてきたという。

今回は、ユミルリンク株式会社が提供するメール配信システム「Cuenote FC」 と連携し、メール配信施策を実施。その結果、特に「かご落ちメール」の効果測定では、従来のメールマーケティングと比較し、開封率で約174%、クリック率で約196%、商品購入率で約490%という効果が得られたとしている。

業務効率も改善

公表に際してJAMU社では次のように述べている。

“Fanplayrのターゲティングなどの設定はサポートチームが支援しています。ご担当者からは「運用も手放しで、開封率に続く数字が圧倒的にアップしている」とのお声をいただいており、数値以外にも従来の運用からも解放されたと評価いただいています。「F.O.Online Store」では引き続き、レコメンドメールなどのメールマーケティング強化を支援して参ります”

「Fanplayr」は、アメリカで開発され、世界100か国以上の国で1500 社以上の導入実績を持つ、Web接客・AIレコメンドなどを提供するコンバージョン最適化プラットフォームだ。シリコンバレー発の金融システムの高度な解析技術をベースとしており、リアルタイムな行動解析と、それに基づく細やかなパーソナライ ズ、豊富なアクションが強みだ。

またユミルリンク社が提供する「Cuenote FC」は、大量の一斉メール配信を実現する高い性能を有しながら、簡単な操作で小規模~大規模企業まで利用できる。さらに顧客データベースや EC など、他システムとの柔軟なシステム連携も可能だ。

今回、両者を活用して劇的な成果を達成したことになる。メール配信は歴史が長く、ネット上のマーケティング手法として、いわば「枯れた」存在として見られることもしばしばだ。しかし、的確なソリューションを用いれば、ECにおいても、まだまだ有用性が高いことが、ここでも証左されていると言えるだろう。

ECのミカタ通信21号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事