データフィード管理ツール「dfplus.io」がShopifyとの連携を開始 Google、Instagramへの商品データ活用を一元管理

ECのミカタ編集部

株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下「フィードフォース」)は、同社が提供するマーケターのためのデータフィード管理ツール「dfplus io」が、日本製データフィード管理ツールとしては初めて「Shopify(ショッピファイ)」とのデータ連携を開始したと発表した。

これにより、Googleショッピング広告やInstagramショッピング等の手軽なスタート、より成果の出やすい商品データへの最適化、商品データ活用の一元管理が可能になるという。

データフィード最適化の重要性

ECにおいて、商品データのマーケティング活用は、効果的な集客が可能であること、有力な活用先が増えていることから、今や必須の施策となっている。

中でも、Google検索からシームレスに購買を促す「Googleショッピング広告」およびその枠の一部に無料掲載できる「無料商品リスティング」は、参入ショップが大幅に増えており、その中で成果をあげるためには、より表示されやすい・クリックされやすい商品データを用意する「データフィード最適化」が重要だ。

Shopify上の商品データをdfplus ioに定期インポート

dfplus ioは、フィードフォースグループの広告運用の知見を活かし、初心者でも簡単に成果の出やすい商品データを作成・運用できるよう、以下のような機能を提供している。

・Google検索ボリュームを加味した、Google商品フィードのタイトル自動最適化
・Google商品カテゴリの設定・修正
・注力商品の広告強化、非注力商品の広告除外のための設定
・広告表示プレビュー
・商品に応じた、ブランド名など特定文言の追加・削除
・データフィードの5段階評価と具体的な改善アドバイス表示
・Instagramショッピング、Criteo、Facebookダイナミック広告、Yahoo!動的ディスプレイ広告、LINEショッピング、アフィリエイト等に必要な商品データ一元管理

今回の連携により、Shopifyを利用している事業者(マーチャント)やその支援事業者は、Shopify上の商品データを1日5回 dfplus ioに定期インポートできるようになり、Googleショッピング広告やInstagramショッピング等の手軽なスタート、より成果の出やすい商品データへの最適化、商品データ活用の一元管理が可能となる。

データフィード管理ツール「dfplus io」

「dfplus io」はフィードフォースが提供する、様々な商品・商材データをマーケティングでフル活用するためのSaaS。Criteo、Facebookダイナミック広告、Google ショッピング広告、LINE Dynamic Ads、YDN 動的ディスプレイ広告、Indeed、Instagram ショッピングなど、商品データを利用する「データフィードマーケティング」のための機能を直感的なUIで提供しており、多くの広告代理店や広告主に支持されている。

昨今、機械学習の利用や自動化で工数削減が進んでおり、かつコンバージョン率の高いデータフィード分野への注目が高まっている。

dfplus.ioはデータフィード広告をコントロールする要素を効率良く運用管理できるツールで、導入企業では改善施策の実行回数が従来の5倍以上になった例もあるという。

今回の連携によって、Shopify上の商品データを容易にデータフィード広告に活用できるようになることで、データフィードマーケティングに本格的に取り組むEC事業者が増えそうだ。

ECのミカタ通信21号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事