主要5業界のInstagramアカウント最新動向は?パスチャーがレポートを公開

ECのミカタ編集部

Instagramを中心にSNSマーケティング支援を行う株式会社パスチャー(本社:東京都港区、代表取締役:甲斐 優理子、以下当社)は、企業のマーケティング担当者、Instagram運⽤担当者向けに、美容・コスメ、飲食、ファッション・アパレル、旅行、メディアの主要5業界のInstagram動向をまとめたレポート「Instagram最新動向レポート 〜2021年8月度〜」を公開した。

ECビジネスを展開する上でも、もはや欠くことのできないSNS施策。今回、SNSの中でも若い女性層のユーザーが多いInstagramの最新動向についてまとめられている、ここではその概要についてポイントを絞って見ていく。

成長率上位アカウント

美容・コスメ、飲食、ファッション・アパレル、旅行、メディアの主要5業界におけるInstagramアカウントの成長率を調査し分析している。図では、2021/7/1〜2021/7/31までのフォロワー数の推移から、成長率の高かった上位5アカウントを示している。

美容・コスメ業界の上位アカウントには、コーセー雪肌精の公式アカウント「@sekkisei.official」やヘアケアブランドLUFTの公式アカウント「@luft_hr」、魔女工場の日本公式アカウント「@manyofactory_japan」などがランクイン。

飲食業界では、先月も上位にランクインしていたミツカン カンタン酢の公式アカウント「@kantansu_recipe」やチョコジェラテリアVenchiの日本公式アカウント「@venchi_jp」に加え、ポッカサッポロの公式アカウント「@pokkasapporo」や洋菓子ブランド「ヨックモック」の公式アカウント「@yokumoku_jp」が新たにランキング入りした。

また旅行業界には、東京ステーションホテル「@tokyostationhotel」やパレスホテル東京「@palacehoteltokyo」など、ホテルの公式アカウントが高い成長率を獲得している傾向が見受けられた。

ファッション・アパレル業界では、先月に引き続き、Classical Elf「@classicalelf_official」が1位、CADUNÉ「@cadune_official」が2位という結果に。その他、PUMA Japanの公式アカウント「@pumajapan」やセレクトショップSYSORUSのアカウント「@sysorus.select」が新たにランクインした。

メディア業界では、トレンドお届けメディアTrepo「@trepo.jp」が3位に。その他、女性のための健康メディア「@yojo__official」や韓国男子メンズ韓国ファッション&メディア「@korea_nmen」などが先月に引き続きトップ5入りする結果になった。

エンゲージメント率上位アカウント

ここでは、主要5業界におけるInstagramアカウントの平均エンゲージメント率を分析している。図では、2021/7/1〜2021/7/31までの投稿から、アカウントの平均エンゲージメント率を算出し、各業界の上位5アカウントを示している。

美容・コスメ業界では、成長率上位にもランクインしていた、MISSHAの妹ブランド「A'pieu」の公式アカウント「@apieu_japan」や 「@sekkisei.official」、「@manyofactory_japan」が上位に。その他、FORTUNE「@fortune_kcp」や石澤研究所の公式アカウント「@ishizawalab」が高いエンゲージメント率を獲得した。

飲食業界を見ると、先月に引き続き、京菓子司 末富「@suetomi.kyoto」やパティスリーDEL'IMMO「@de_limmo」など、テイクアウトショップやオンライン購入が可能な飲食店が上位にランクインする傾向が見受けられた。また、キリンビバレッジの公式アカウント「@kirin_beverage」やサッポロビールの公式アカウント「@sapporobeer.jp」など、大手企業のアカウントもトップ5入りした。

旅行業界では、成長率上位に入っていたアカウントがエンゲージメント率上位にもランクインする結果に。高いエンゲージメントを獲得しているアカウントほど、フォロワー数獲得にも繋がっている印象だとしている。

ファッション・アパレル業界では、1位には、スポーツアイウェアブランドOakley Japanの公式アカウント「@oakleyjapan、2位はフィットネスやカジュアルブランドを展開するCOR Apparelの公式アカウント「@cor_apparel」、3位にはトレーニングウェアブランドLÝFTの公式アカウント「@lyft.official」、4位にPUMA Japanの公式アカウント「@pumajapan」、5位にサーフィン用アイテムを展開しているQUIKSILVERのアカウント「@quiksilver_japan」と、スポーツブランドのアカウントが上位5位を独占した。

メディア業界のエンゲージメント率上位アカウントを先月と比較してみると、大幅に変わらない結果になった。雑誌の公式アカウントや若者向けのメディア、旅行メディアなど、カテゴリに特化したメディアアカウントが高いエンゲージメントを獲得している傾向が見受けられた。

フォロワー数上位アカウント

ここでは、主要5業界におけるInstagramアカウントの最新フォロワー数を分析している。図では、2021/7/31時点でのフォロワー数から、業界ごとのフォロワー数トップ20アカウントを示している。

美容・コスメ業界におけるフォロワー数上位5アカウントには、1位:@shiseido(1,287,129フォロワー)、2位:@shuuemura(698,144フォロワー)、3位:@jillstuartbeauty(608,607フォロワー)、4位:@canmaketokyo(567,650フォロワー)、5位:@etudejapan(524,108フォロワー)がランクイン。

飲食業界では、1位:@starbucks_jp(3,051,313フォロワー)、2位:@akiko_lawson(847,494フォロワー)、3位:@seven_eleven_japan(760,457フォロワー)、4位:@kaldicoffeefarm(750,004フォロワー)、5位:@cotta_corecle(511,396フォロワー)という結果になった。

ファッション・アパレル業界のフォロワー数上位5アカウントには、1位:@gu_for_all_(1,365,502フォロワー)、2位:@sneakerfreakermag(1,361,975フォロワー)、3位:@gu_global(1,280,837フォロワー)、4位:@grl_official(1,188,957フォロワー)、5位:@fifth_store(935,097フォロワー)がランクイン。

旅行業界では、1位:@cotrip_official(343,465フォロワー)、2位:@relux_jp(343,294フォロワー)、3位:@soudakyoto_official(314,634フォロワー)、4位:@retrip_global(246,087フォロワー)、5位:@travelife_couple(219,740フォロワー)が上位5アカウント入りした。

メディア業界では、1位:@kurashiru(3,927,263フォロワー)、2位:@tastemade_japan(2,040,683フォロワー)、3位:@voguejapan(1,347,833フォロワー)、4位:@hokuoh_kurashi(1,131,858フォロワー)、5位:@lipsjp(818,971フォロワー)がトップ5にランクインする結果に。

ウェブサイトタップ率

ここでは、美容・コスメ、アパレル、飲食、メディア業界における、1日あたりのウェブサイトタップ率を分析している。図では、2021/7/1から2021/7/31の間のウェブサイトタップ数・プロフィールビュー数・フォロワー数から、1日あたりのウェブサイトタップ率の平均値・中央値を算出している。

美容・コスメ、アパレル、飲食、メディア業界における、1日あたりのウェブサイトタップ率を比較すると、対プロフィールビュー数ではファッション・アパレル業界が平均値11.4%、中央値10.9%と高い傾向にあることがわかった。

一方で対フォロワー数を見ると、美容・コスメ、ファッション・アパレル、飲食の3業界の中央値は0.1%〜0.2%とほとんど変わらない結果に。メディア業界においてはフォロワーの割合に比べてウェブサイトタップ率が低い傾向にあることがわかった。

調査概要

[調査対象期間]
2021/7/1〜2021/7/31

[主な分析項目]
主要5業界におけるアカウント規模別フォロワー数平均成長率・平均エンゲージメント率・投稿数、主要アカウント最新フォロワー数など、美容・コスメ、飲食、ファッション・アパレル、メディア業界のウェブサイトタップ率

[調査対象アカウント数]
美容・コスメ、飲食、ファッション・アパレル、旅行、メディアの主要5業界における主要アカウント約1,000*

※ウェブサイトタップ率の調査対象は、美容・コスメ、飲食、ファッション・アパレル、メディア業界の主要アカウント約200*

*アカウントの選定は株式会社パスチャーが実施

ECのミカタ通信21号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事