SNS投稿から流行を予測する新サービスの提供が開始される

ECのミカタ編集部

株式会社パスチャーが運営する流行発見メディアPetrel(ペトレル)は、ソーシャルメディア上のデータから流行りの商品やブランドを分析し、未来のトレンド傾向を捉えるソリューションの提供を開始した。

自動化技術で未来のトレンド傾向を捉える

バスチャー社によれば、商品開発やマーケティング・R&D分野では、現在のトレンドや過去の傾向を分析し消費者の需要に応えていくことが必要だ。その中でもソーシャルメディア上でのトレンド理解は重要になってきているという。

現状、自社のソーシャルメディアアカウントや競合他社の投稿の分析には「人の目による傾向把握」が主流だが、流れが早く複雑化されたソーシャルメディアの特色から、十分なデータ収集と分析には専門の技術が必要とされ、相応のコストがかかることが問題となっていた。

このような状況を受け、Petrel はこれまで蓄積してきたソーシャルメディア上のデータと、自然言語処理や機械学習のノウハウを活かし、未来のトレンド傾向を捉えるソリューションを提供することとなったのだ。なお実際にデータを活用し、Petrel上でユーザーに合わせた記事を出稿しているとのことだ。

コスメ・ファッションなどジャンル別に予測可能

現在、ジャンル別に流行の予測モデルを構築しており、それぞれのジャンルにおけるソリューションを提供する。

[コスメ]

企業アカウントや影響力の大きいアカウントといった属性別にデータを収集し、多角的に分析することで、話題性のある商品やブランドを把握できる。さらに短いスパンで分析することにより、一足先に未来の流行を捉えることが可能になった。また、複数の言葉を検索することで消費者が暗に抱いているイメージを抽出できる。例えば「ソウル旅行」と「美容液」という言葉から連想されているブランド名や、「エイジングケア」と「オススメ」といった言葉と共に用いられている商品名を知ることができる。これらのデータによって、消費者のニーズをさまざまな観点から掴むことが可能だ。

[ファッション]

季節の影響を受けるファッション領域においては、人気のアイテムや変化の情報を得る速度がより一層重要となる。特に、SPA業態は短いスパンで商品開発を行う必要もあるため、有用性の高い解析結果は新商品の開発や追加生産の有無の判断をサポートする。高感度アカウントが着用しているアイテムの傾向を分析し、企業アカウントと照合することで、そのトレンドの深度や次なるトレンドの芽を発見することができるのだ。コスメジャンルと同様に、複数の言葉から想起されるアイテムやショップの情報を得ることで消費者目線でのソーシャルメディア分析が可能になる。

[グルメ]

影響力の大きいグルメ系アカウントや一般ユーザーの投稿を網羅的に分析することで、今まであまり知られていなかったカフェや若者の間で流行している食べ物の情報をいち早く入手することができる。さらに、これらが流行った原因を自然言語処理から導き出し、流行の源を発見することが可能になった。

データと技術で商品開発やマーケをサポート

同社では、今後もソーシャルメディアとの連動が必須となる商品開発やマーケティング・R&D領域を、蓄積されたデータと高度な予測分析によりサポートしていくとしている。

EC市場のみならず、SNSは重要なマーケティング・プロモーションのフィールドであることは言うまでも無い。そこでは企業やコンシューマーが日々、膨大な数の投稿をしており、オンタイムでの流行の把握はもちろん、近い将来にトレンドとなりえる内容が行き交う、まさに情報の宝庫だ。

一方で、同社も指摘するように、特に未来における流行予測を人の力で行うには、リソースの面でも定量化や分析の面でも限界があるのも事実だ。そこで、自動化されたパスチャー社のソリューションが威力を発揮する。その実力を遺憾なく示すことができれば、SNS分析やマーケティングの面で、新たな風を吹き込むことになりそうだ。

 


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事