Googleが進める常時SSL化、BASEも対応開始

ECのミカタ編集部

httpとhttpsの違い、SSLとは?

 Eコマースプラットフォーム「BASE」を運営するBASE株式会社は、新規店舗向けに、新設のドメイン「supersale.jp」「kawaiishop.jp」「official.ec」を含む10件の常時SSL化対応ドメインを3月30日(水)より提供開始し、同時に20万店舗を超える既存店舗の常時SSL化への取り組みも開始したことを発表した。

 SSLとは、「Secure Sockets Layer」の略で、インターネット上のデータ通信を暗号化する技術のこと。通信途中でデータの流出や改ざんを防止する世界基準のセキュリティ技術で、SSLが導入されているページには、URLの冒頭のhttpにsが追加され、httpsと表示される。また、SSL化対応のウェブサイトは、第三者機関の認証局によって発行される「SSL証明書」を持っている。この証明書は、そのウェブサイトの運営会社が実在しているという保証にもなる。

 SSL化対応のウェブサイトは、ブラウザーで「https」のアドレスを入力した際、入力ボックスの中に「カギ」型アイコンがあり、クリックすると認証の情報を得ることができる(上図参照)。認証されていないページのアドレスでは、「https」を頭に付けても開くことができない。認証されているアドレスと、開いたアドレスが違う場合も警告が表示される。

常時SSL化対応の必要性

 SSL化は、以前は、問い合わせフォームやショッピングカート、会員ぺージなど、特にセキュリティ面で注意が必要な特定のぺージのみに導入されていたが、最近では常時SSL化、つまり全てのぺージにSSL化を適用する流れにある。実際に、2年前に約8%だったSSL化率が、今は約27%にまで上昇しているというデータもある(2016年3月15日時点「HTTP Archive」による)。

 その背景には、SSL化非対応のウェブサイトからの情報漏えい事件が起きたことや、セキュリティの強化を推奨するGoogleが、検索においてSS

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。