10代の6割、ファストファッション古着購入に意欲(ベクトル調べ)

福島 れい

10代の古着人気がうかがえる結果に

 全国95店舗でリサイクルショップを展開するベクトルグループ(以下、ベクトルグループ)より、古着購入と処分に関する調査結果が発表された。ベクトルグループは5月30日(ゴミゼロの日)に古着を箱に詰めて送るだけで買取り依頼ができるWebサービス「ウルウル」の本格展開を開始し、女性のファストファッション売買ニーズに応えるサービスに注力していくという。今回の調査対象は10代~30代の女性360名。

 ファストファッションはそもそも、最新の流行を取り入れながら低価格で提供されるファッションアイテムのことを言い、その特徴から短いサイクルで大量生産・大量販売するブランドが多い。それゆえに古着としてリユースするよりも、ワンシーズンで処分されることも多い品だとの認識が強かった。しかし、今回の調査ではファストファッションアイテムを古着として購入するユーザーが多数いることが明らかになっている。この認識の変化は注目すべきだろう。以下で調査結果をまとめる。

 まず、世代別に古着への関心度合いを見てみよう。「自分が着用する服で古着を買ったことがありますか?」という問いに対し、10代の48%が「買ったことがある」と回答、18%が「まだ買ったことはないが興味がある」と回答した。20代で「買ったことがある」と回答したのは51%、「まだ買ったことはないが興味がある」と回答したのは10%。30代では、48%が「買ったことがある」、6%が「まだ買ったことはないが興味がある」 と回答している。これより、若い世代ほど、古着への関心が強い様子がうかがえる。

 また、古着を買ったことがあると回答した人に対して「古着を1着購入するのにいくら使うか」尋ねると、どの年代においても2000円以下という回答が多数を占める結果となった。特に10代では58%が1000円以下で購入しており、ファッションにかける費用を抑える目的もうかがえる結果となった。

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

福島 れい

ECのミカタ編集部に所属するバドミントンと和服、旅好きの記者、通称れーちゃん。ミニ特集「アパレルECの未来(https://goo.gl/uFvr2C)」等、これからEC業界がどんな風に発展していくのか。に注目しながら執筆しています。2017年の執筆テーマは、”私にしか書けない記事をタイムリーに”。

福島 れい の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
/ecnews/9238/