Webの95%は動画になる!? ECは接客から演出の時代へ

ECのミカタ編集部 [PR]

Webにおける動画の存在感がますます高まるなか、2016年9月に提供が開始された、ブラウザ向け Web動画ミドルウェア『LiveAct® PRO』。スマートフォンブラウザでは不可能だった自由な動画表現が、手軽に実現できる画期的なソフトだ。そんな『LiveAct® PRO』について、株式会社CRI・ミドルウェア(以下、CRI・ミドルウェア)研究開発本部 グループリーダー リードエンジニア 花房 宏通氏に話を伺った。

スマートフォンブラウザでの動画再生にはかなり制限が多い

YouTubeを始めとする動画配信プラットフォームの普及に伴い、ネット上での動画視聴は日常に根づいたものとなっている。2016年時点で、Webトランザクションの7割以上が動画というデータがあり、2020年には95%が動画になるだろうといわれている。まさに「ネットといえば動画」時代の到来だ。特に、実際に商品を手に取って確かめることができないECにおいては、動画コンテンツを見た場合に購入意欲が168%に向上するという報告※もあるそうだ。
※米国動画配信プラットフォーム提供企業invodo社リサーチ結果(2015年)より

一方で、インターネットを利用する際の端末は、PCからスマートフォンにシフトしているのに、スマートフォンブラウザには制約が多く、PCブラウザで実現している動画の活用手法が、スマートフォンブラウザでは実現できないのが現実だ。
「かつてWebといえばPCだった頃は、Flashを使った面白いサイトがたくさんありました。Flashサイトは多彩な動画表現に加え、ゲームのようなインタラクティブ性もあり、閲覧者を引き付ける様々な工夫が凝らされていたからです。しかし、スマートフォンブラウザはFlashに対応していないため、PCとスマートフォン両方に対応できるレスポンシブデザインが主流になると、静止画メインの無難なサイトが多くなったと感じました。特に、元々ゲーム分野でミドルウェアを提供してきた弊社からすると、コンテンツは動くことが当たり前。スマートフォンサイトも、もっと動きのある面白いものにしたい、そんな動機から開発したのが『LiveAct® PRO』です」と花房氏。
※ミドルウェアとは、ハードウェアやOSと、アプリケーションソフトウェアとの中間(ミドル)に位置するソフトウェアのこと。

「きれい」「わかりやすい」以上の“感動”を与える『LiveAct® PRO』

スマートフォンブラウザで動画再生というと、別窓が開いてフルスクリーン再生されるのが標準だ。逆をいえば、それ以外のことはほとんどできないといえる。それに対し、『LiveAct® PRO』は実に様々なことができる。
たとえば、Webサイトの中で動画を再生させる「インライン再生」機能では、動画を見ながら商品説明などのサイト記事を同時に読める。サイトの世界観を保ったまま動画を閲覧できるのも魅力だ。また「360度動画」機能では、写真をスワイプすると対象オブジェクトが360度回転する。静止画だけでは実際の質感はなかなか伝わらないが、回転動画だとかなり実物に近いイメージが得られる。さらに「クリッカブル動画」機能では、動画内のオブジェクトをタップすると、対象オブジェクトの情報テキストを表示させた

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
/original_news/14598/