NECならではの進化に対応するシステムオムニチャネルを実現するNeoSarf/DM

ECのミカタ編集部 [PR]

日本電気株式会社 第二リテールソリューション事業部バリュークリエイション部マネージャー 浜野卓二氏 日本電気株式会社 第二リテールソリューション事業部バリュークリエイション部マネージャー 浜野卓二氏

入社以来、流通業を中心とした店舗システムおよびEC・通販システムを担当、製品企画・販売促進業務に従事。現在「NeoSarf/DM」を担当。

シームレスな購買体験を提供できるオムニチャネルへの取組みが加速しています。しかし、単一チャネル想定のシステムではオムニチャネル対応は難しく、統合的なシステムの導入が必須です。日本電気株式会社(以下、NEC)の『NeoSarf/DM』なら、簡便・スピーディにオムニチャネル対応のシステム構築が可能になります。

店舗向けPOSシステム開発のノウハウが活かされたオムニチャネル対応を提供

もともとNECは、POSシステムの開発等、店舗システムについては数多くの実績があり、通販事業向けにも、フルフィルメントの支援やコールセンターなどのサービスを提供しております。

一方、EC分野のシステム的なサポートについては、以前は協力会社のEC向けシステムパッケージなどを扱うことで対応していましたが、ECが急速に成長していく中で事業者様のニーズも多様化し、パッケージ型のシステムをカスタマイズする程度の対応では、顧客のニーズを充足させることが難しくなってきておりました。特に、数年前からのオムニチャネルへのニーズの高まりとともに、ECとリアル店舗や通販などを融合したシステム開発が重要なテーマとして浮上してきました。

そこで、すでに実績のあるPOSシステムなどのリアル店舗システム、及び通販のフルフィルメント・コールセンターなどの仕組みとECを組み合わせることによるNECならではの新しい仕組みの構築を目指し、『NeoSarf/DM』をリリースするに至りました。

パッケージではない多様な機能の集積ゆえに、細部にわたる顧客ニーズに対応できる

『NeoSarf/DM』は、ひとつの体系的なパッケージではなく、多様な機能を個々の部品として集積されたコンポーネント型のシステムになっています。そのため、利用する事業者様の必要性に応じて、必要な部品を組み合わせてシステムを構築できますので、無駄なく、最適なシステムを導入していただくことが可能になっています。

ここがパッケージ型システムと比較した時の大きな優位性です。もちろん、後から機能を追加することも容易なので、事業の成長に合わせてシステムを進化させることもスムーズです。

もう一つの大きな特徴として、「チャネル統合データベース」があります。オムニチャネルに取り組もうとされる事業者様の場合、最初にデータベースの統合が課題になることが多いです。リアル店舗ではリアル店舗独自の、ECではEC独自の、というような顧客データベースをバラバラに管理している場合、これらのデータベースを統合することがオムニチャネル推進の第一歩となるのです。

『NeoSarf/DM』には統合データベースが用意されているため、こうしたデータの一元管理をスムーズに導入することができます。例えば、ポイントシステムを統合的に実施する、顧客の購買履歴を横断的に管理する、といったことが容易に実現可能です。

コンポーネント型のシステムを導入するのなら、フルスクラッチで開発するほうがより便利なシステムができるのではないかというご質問をいただくことがありますが、フルスクラッチの開発には時間もかかりますし、開発費用も莫大になりがちです。また、一旦構築したシステムを後々改変する際にも、手間とコストが必要以上にかかることがあります。『NeoSarf/DM』は、パッケージではできない独自性の高いシステム構築を、フルスクラッチよりも低コスト・短期間で構築することができるという点が大きなメリットです。

さらにオムニチャネルという局面で考えると、ECに専門特化したシステムエンジニアや店舗システムの専門エンジニアだけでは、その融合が前提となるオムニチャネルのシステム構築がうまくいかないことがあります。その点、NECは店舗システムや通販システム、コールセンターなどに精通したエンジニアがECシステムをも担当することができるので、本当の意味でのワンストップ・ソリューションの提供が可能です。この点も、多くの事業者様からの信頼を得ているポイントだと自負しています。

コンポーネント型だからこそ、時代の変化に対応した新機能をタイムリーに付加できる

ネットの世界は日進月歩で進化しており、そうした変化に迅速に対応できるかどうかは、オムニチャネル事業の成長を着実に進めていく上では不可欠なポイントだと言えます。『NeoSarf/DM』では、すでに多様な機能が「部品」として用意されていますので、どのようなニーズにも柔軟に対応できます。加えて、コンポーネント型であることにより、今後も様々な機能が追加されていく予定です。

また、これからはECで注文した商品を店舗で受け取ったり、店舗で注文した商品を自宅配送したりと、ECとリアル店舗はさらに融合していきます。そして、利用者の観点からすると、常にどの場所でも携帯しているスマートフォンが行動の起点となっていくので、業界全体がスマホファーストになっていくことも容易に想像できます。

そのとき、例えばカメラなどのスマートフォンの機能を生かしたサービスが求められてきます。『NeoSarf/DM』では、こうした新たなサービスの実現について、ECだけで閉じてしまうのではなく、リアルを含めた全体像をお客様とすり合わせした上で一緒に実現させていただきます。

私たちが目指しているのは、技術優先のシステム開発ではなく、事業者様のアイディアを具現化する仕組みを構築することです。画期的なサービスは、現場起点で生み出されるものです。私たちとしても、現場起点のシステム開発を、今後も加速させていきたいと考えています。


【「NeoSarf/DM」3つのポイント】
1、必要な機能だけでシステムを最適化できるコンポーネント型
2、オムニチャネル対応の統合データベース構築が可能
3、時代の変化・事業の成長に合わせた、新機能の追加が容易


<ECのミカタ通信 2018 Autumn vol.16より抜粋>

 ECノウハウ


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事