初めてのECこそ商品写真にこだわりを!商品撮影からweb制作まで行う老舗エイト・バイ・テン

ECのミカタ編集部 [PR]

24468_thumbnail_8x!_01_thumbnail.jpg 株式会社エイト・バイ・テン 代表取締役/Photographer 池畑 直樹氏

スタートアップのECは、ショップをさらに魅力的なものにするためにサイトの改修を継続したり、オペレーションを効率化するために業務フローを見直したりと、やるべきことが多い。

そのため、商品写真のクオリティには十分な配慮をしないことも多く“商品は良いものだから、商品写真に凝る必要はない”と考えてしまうEC事業者も少なくない。しかし、実際に商品を手にすることのないECでは、写真のクオリティが売上げを左右するといっても過言ではないのだ。

EC用の商品写真撮影に長年の実績があり、豊富なノウハウをもつ株式会社エイト・バイ・テン(以下、エイト・バイ・テン)の代表取締役であり、カメラマンでもある池畑 直樹氏にお話を伺った。

長年の実績に基づく確かなノウハウで、ハイクオリティの撮影サービスをローコストで提供

当社では、EC関連の商品撮影については、大手のECショップ様から中小規模のECショップ様まで、幅広いEC事業者様の商品撮影をお手伝いしています。多い時には、300アイテムを超える商品について3〜4日で撮影するということもあります。1アイテム3カットだとしても、1000カットほどにもなりますが、それを3日程度で撮り下ろせる機動力は、当社の優位性のひとつだと自負しています。もちろん早かろう悪かろうではなく、クオリティを重視した撮影ですから、写真の仕上がりにも自信があります。これを可能にしているのは、やはり長年の実績と、そこに裏打ちされたノウハウがあるからです。写真は使用目的や撮影のねらいなどによって、撮り方が変わってくるものです。ブランドイメージを伝えるための写真と、商品の購入を促進するための写真では、自ずと撮り方が違ってくるのです。

ECで使用する写真についても同様に、「イメージ訴求のための写真」「商品説明のための写真」「商品ページのキー・ビジュアルとしての写真」など、細かい利用用途によってどんな撮り方をすべきかは異なります。そうしたことをきちんと理解したカメラマンでないと、目的に見合ったクオリティの高い写真は撮れません。

当社はEC用商品撮影の実績が豊富なので、カメラマンはもちろん、すべてのスタッフが、そうしたECの特性に精通しています。ですから、こうした機動力と高いクオリティが両立できるのです。

現在当社では、アパレル系やアクセサリーなどのファッショングッズ系の撮影が多い傾向はありますが、どんな商材でもお手伝いできます。

見せなければ、商品の良さは伝わらない

スタートアップ、あるいはアーリーステージにあって、これまで商品撮影を外注した経験のないEC事業者様から多く聞かれるのは、どんな商品写真を撮りたいのか、どんな特徴をアピールしたいのかという事が明確でないままに撮影に臨んでしまい、結果的に撮影現場でドタバタしてしまうというものです。商品の魅力や特徴などについては、ご担当者は当然熟知しています。しかし熟知しているからこそ、それが当たり前に思えて、写真で表現すべき部分に気づかないことが多いのです。見せるべきポイントをきちんと写真におさめなければ、消費者には商品の良さは伝わりません。

例えば洋服の撮影ひとつ取り上げても、素材感をアピールポイントにしたいのか、デザイン性をアピールポイントにしたいのかによって、撮り方は違ってきます。それらをきちんと整理できた上で撮影に臨まなければ、撮影当日のスムーズさに大きく影響を及ぼしてしまいます。それはそのまま撮影費用(コスト)にも跳ね返ってくるものです。

事前ヒアリングと、撮影後の画像加工オプションなどで、“魅せる”商品写真を量産する

当社では商品撮影のオーダーを受けると、専任のマネージャーが事前にヒアリングして、撮影についてすり合わせます。どんな写真を撮りたいのか、撮った写真をどのように使うのか、その商品の特徴・魅力は何なのか等々。その上で撮影のダンドリを固めます。それにより撮影現場ではアタフタすることなく高いクオリティの撮影ができ、スピーディな撮影が可能になるため、最終的に1カットあたりのコストを抑えることが出来ます。

もちろん当社では、写真に関することであれば、多様なソリューションをご用意しています。モデルを使った撮影が必要であれば、モデル手配からおまかせください。大手モデル事務所との連携が取れているため、商品イメージにマッチしたモデルさんをご選定いただけます。ここも、当社の強みのひとつだと考えています。

また、撮影後の画像補正・加工などにも対応します。ショッピングモールさんなどの場合、商品写真の掲載にあたっては、各モール事に商品掲載のルールが存在します。それを満たしてないと掲載できないのですが、ただルールに従えば良いという事ではありません。陰影のつけ方など微妙なニュアンス部分で売れる商品写真に加工する事も大切なことです。モデルさんを使ったアパレル系撮影などの場合、商品をきれいに撮るだけではなく、モデルさんの肌補正なども売上げ結果に差が出る一つのアクションです。ブランドイメージを損なわない為にもモデルさんの魅せ方は商品と同様に大切にしなければいけません。当社ではこれらを一括して撮影部から制作部にワンストップで進めています。

まずはクオリティの高い写真を撮る、その上で、後処理としての画像補正や加工をすることによって、さらにお客様の購買意欲を高められるのです。

当社では、ECサイトや画像の制作にも対応しています。商品撮影と制作とを併せて受注いただく場合には、制作のディレクターやデザイナーなどが撮影に立ち会うことが出来るため、撮影自体がよりスピーディになります。何より「どのページのどこで使う写真なのか、その写真によって何をアピールしたいのか」ということをしっかり把握した上での撮影が可能になるため、無駄を省くことが出来ます。

“すでにサイトはあって商品撮影のみ依頼したい”という方はもちろんですが、 “これからサイトを立ち上げる”というスタートアップのEC事業者様は是非、サイト制作を含めて、一度ご相談いただければと思います。

株式会社エイト・バイ・テンへのお問い合わせはこちら


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事