多彩なサービスオプションでEC事業の立ち上げから成長までサポート。流通加工、お問い合わせ対応、在庫発注など代行

ECのミカタ編集部 [PR]

Shopify(ショッピファイ)事業者向けのEC物流代行サービス「スピードロジ」が、商材流通の付帯業務に関するオプションサービスを拡充している。カスタマーサポートや在庫の補充発注代行、流通加工、返品対応、ノベルティ・店頭販促物管理など、多彩なオプションサービスを提供することで、多様化するディストリビューションニーズに応えるという。セミオーダー式のEC物流サービスへと進化した「スピードロジ」がEC業界に提供する価値とは何か。トランスコスモスの石毛雅昭氏と星田可澄氏に話を聞いた。

「セミオーダー式」で多様化する物流ニーズに対応するトランスコスモスのフルフィルメント

──最近、スピードロジのお客様とお話しをする中で、どのような問題点を感じ取っていますか

石毛氏:大きく2パターンのEC通販事業者さまがいるように感じています。

EC通販事業者さまから最近いただくご相談内容
1. 保管と発送だけを委託したい
2. カスタマーサポートなど委託可能なEC通販事業の多様な業務を任せたい

1つ目の場合はほとんどの倉庫会社様で一般的に対応可能です。一方、2つ目をご支援できるサービスもありますが、1社で物流を含めたEC通販事業にかかわる全てを任せられるスピードロジのようなサービスは稀有です。特に、EC事業の新規立ち上げやスタートアップのフェーズでは、物流の基本業務から委託を開始し、事業拡大に合わせて順次委託領域も拡大したいというご要望を多数いただきました。その際に「売り方に合わせた発送のご相談」をいただくこともあります。

例えば、受注生産商品の予約と、販売中の商品を同時に購入したエンドユーザーに対して、販売中の商品を先行して発送したいといったご相談です。こうしたご要望を実現するには、物流現場の工夫が必要です。スピードロジはEC通販事業者さまのニーズに寄り添い、運用フローの構築にも柔軟に対応します。

──荷物の保管と出荷以外の業務も委託したいという要望が寄せられていたのですね。

石毛氏:はい。「スピードロジ」は倉庫での入荷から検品、在庫管理、ピッキング、同梱物の封入、梱包、配送会社の手配、追跡番号のShopify(ショッピファイ)登録までワンストップで手がけ、送り主様の業務負担を徹底的に減らすことで「売ること」に専念していただけるサービスです。そのメリットを十分にご評価いただいた上で、さらに踏み込んで物流以外の業務も任せられないか、というご相談もいただいていました。

「スピードロジ」の使命は、EC通販事業者さまの事業拡大をサポートすることです。そのことを踏まえれば、提供するサービスは物流業務に限定する必要はないと感じました。

──そういったお客様の声を聴く中で2020年5月に開始した「スピードロジ」のオプションサービスを拡充しているそうですね。

石毛氏:はい。荷物の保管や出荷といった基本サービスに加え、カスタマーサポートや在庫の補充発注代行、商品のセット組み(流通加工)、同梱物の設定、持ち戻り(出荷した荷物がご購入者様のお手元に届かず配送会社が発送元倉庫に持って戻ってくること)への対応、ノベルティの発送など、流通に付帯する業務を幅広くご利用いただけます。

EC事業者さまのビジネスモデルや、事業フェーズに合わせて、必要なオプションサービスを組み合わせることが可能です。オプションサービスとして提供するカスタマーサポートやフルフィルメント業務は、トランスコスモスが長年手がけてきたEC通販支援サービスのリソースとノウハウを活用していますので、オプションサービスの品質もご安心ください。

──フルフィルメントのサービスオプションを拡充したのは、なぜでしょうか。

石毛氏: EC物流のニーズを精査した結果、オプションサービスを拡充することがEC通販事業者さまのメリットにつながるとの結論に達しました。

多様化する荷主様のニーズにきめ細かく対応できるように、セミオーダー型の物流サービスへとスピードロジを進化させました。

「スピードロジ」はShopify(ショッピファイ)で構築したECサイトを利用するEC物流代行サービス。倉庫での入荷、検品、在庫管理、ピッキング、同梱物の封入、梱包、配送会社の手配、追跡番号のShopify(ショッピファイ) 登録まですべて請け負うパッケージ型になっている。2020年5月にリリースした。

BtoC物流はもちろん、企業内の配送にも「スピードロジ」を活用可能

石毛 雅昭(いしげ・まさあき)氏 2000年代からBtoB・BtoCの流通や物流に携わり、2014年にトランスコスモス入社。シリアルナンバー管理が必要なIT機器EC物流やBtoB物流の立ち上げと運用を支援し、2020年5月から「スピードロジ」の責任者を務めている。

──スピードロジ」のオプションサービスの内容について、詳しく教えてください。

星田氏:現在提供しているオプションサービスは、流通加工、棚卸、カスタマーサポート、在庫発注、住所修正、ノベルティ・店頭販促物運用支援などがあります。

例えば流通加工では、荷受けした2種類以上の商品を組み合わせて、1つの商品として扱う「セット組み」などに対応しています。カスタマーサポートでは、エンドユーザーからメールや電話で寄せられる、問い合わせやクレームなどの対応も行います。

「在庫オートチャージ」というオプションは、倉庫内の在庫が一定数以下になった場合に、あらかじめ決めておいたルールに従って在庫を発注するサービスです。

そのほかには、エンドユーザーがECサイトのフォームに入力した配送先住所に誤りが見つかった際に、お客様に正しい住所を確認し、正しいデータに修正するサービスもあります。

そして、ノベルティ発送だけでなく実店舗などで使う店頭販促物を「スピードロジ」の倉庫から、各店舗や支店に配送するサービスもあります。

──BtoCの物流だけでなく、企業内における荷物の配送にも「スピードロジ」を活用できるのですね。

星田氏:はい。ノベルティやPOPなどの店頭販促物を「スピードロジ」の倉庫から実店舗やイベント会場に送る際は、店舗やイベントの担当者様がShopifyを使ってオンラインで在庫確認や発注・発送先登録を行うことができます。備品の在庫を電話で確認し、ファックスで発注するといった手間を省くことができますので、大幅な業務効率化につながるでしょう。

EC事業の成長フェーズに合わせてフルフィルメントサービスのオプションを柔軟に変更

星田 可澄(ほしだ・かすみ)氏 2014年に新卒でトランスコスモスに入社。同社最大の物流拠点「北柏倉庫」で物流の立ち上げや運用を担当した。2020年からスピードロジの運用を担当、クライアント支援に携わっている。

──オプションサービスに対するEC事業者様の反響は、いかがですか?

石毛氏:非常に良い反響をいただいています。「スピードロジ」はセミオーダー型ですから、必要なサービスを必要なタイミングで利用できます。こうした特徴は特にスタートアップ企業やEC事業を新たに立ち上げた企業から好評です。

あれもこれもセットになったリッチな物流サービスは、初期投資が高額になってしまうため、予算が少ないスタートアップ企業などは利用しにくいでしょう。また、完全なカスタム型の物流サービスは、クライアント様のニーズを叶えられる一方で、初期投資は嵩みますし、物流体制の立ち上げにも時間がかかります。トレンドの変化が早い昨今のEC市場を鑑みると、小回りが効くセミオーダー型のEC物流へのニーズは高まっていくと思います。

星田氏:オプションサービスを利用したことで、業務効率化につながったという感想も頂きました。私たちはEC通販事業者さまの業務負担を軽くすることをとても重視しています。

例えば、ラッピング希望の注文があれば、スピードロジでは倉庫管理システム側で仕分け、対応いたします。事業者様側で通常注文と分けて連携を行うといった業務負担の削減につながり、ご好評を頂いております。

──EC事業の成長フェーズに合わせて、オプションサービスを柔軟に変えていけることもメリットですね。

石毛氏:おっしゃる通りです。例えば、事業を立ち上げた当初は事業者さまでの対応人数が限られることからカスタマーサポートを弊社にお任せいただき、事業規模が大きくなったら事業者さま社内での要員増強含めコールセンターを内製化、浮いた費用でフルカスタマイズのロジスティクスに進級するといった使い方も「スピードロジ」なら可能です。EC事業の立ち上げから事業拡大まで切れ目なくサポートします。

ロジスティックス業務を省人化することで「売ること」に専念して欲しい

──オプションサービスの種類は今後も拡充していくのでしょうか。

星田氏:はい、今後はオプションサービスの種類は、さらに拡充していく計画です。例えば、返品におけるカスタマー対応や返金対応のほか、需要予測にもとづく在庫発注サービスなども試験中です。EC通販事業者さまのニーズをより広範囲にカバーできるEC物流を目指します。

──「スピードロジ」はまだまだ進化しそうですね。最後に、EC事業者様に向けてメッセージをお願いします。

石毛氏:私たちは「スピードロジ」の提供を通じて、EC通販事業者さまが「売ること」や「商品を作ること」に専念できる環境づくりをご支援したいと考えています。トランスコスモスが培ってきたフルフィルメント支援のノウハウやリソースも活用し、EC事業者さまのニーズにきめ細かく、かつ広範囲に対応できるEC物流サービスを目指します。将来的にはEC通販事業者さまご自身でなければ対応不能なコア業務以外のすべての業務を支援できるように、「スピードロジ」を進化させていきます。

▶スピードロジで悩み解決


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事