ECサイトのための写真撮影!制作までワンストップ

ECのミカタ編集部 [PR]

今、ECサイトでは写真の重要性が増しているという。言葉でどんなに訴えるよりも、まず良い写真がないとはじまらない。しかしECサイトにとって良い写真というのは、写真として良い作品とは違う。その違いを理解して、撮影から制作までをワンストップで行うのが、株式会社エイト・バイ・テンだ。前回の取材ではその撮影の面について、代表取締役でカメラマンの池畑直樹氏に伺ったが(http://bit.ly/1YPbmnz)、今回は制作の面について、取締役でWebクリエイターの前野真慶氏に伺った。

スタジオに制作デザイナーが直近常勤

 弊社の強みはやはり、撮影から制作がワンストップのページアップができるという点です。今回は、それを制作の面からお話ししたいと思います。弊社では撮影スタジオに制作の人間が立ち会って、そこで撮った写真を使って制作していくので、撮影と制作の連携が密になっています。こういう会社はあまりないと思います。撮影もやる制作会社というのはありますが、そのほとんどは撮影を外部に委託しているんですね。
 
 ECというのは今、まず撮影ありきになっています。言葉でどれだけ伝えても、良い画像がないと良い商品であってもそれが伝わらないということが多いんです。最近は写真だけでテキストは要らないという会社さんも出てきています。ECの利用がスマホが主流になってきているということもありますし、Amazonの影響も大きくて、仕様と写真だけというシンプルな作りで、素材を一緒に使いたいというケースも多いです。

 僕自身、以前は制作会社にいたんですが、やはり良い写真には敵わないと、考え方が変わりました。良い写真がなければ良いページはできません。制作の依頼を受けても、それ以上に写真にボリュームを置いて予算内で良いものを作りましょうという提案をすることもあります。制作の依頼を受けた場合、最初に5ページぐらいを試しに作るんですが、それを見るとクライアントさんもECサイトは写真なんだと分かってもらえますね。

普通の写真とECサイトのための写真の違い

カメラマンと制作デザイナーが意見を交わしながら撮影を進める

 ECサイトにとって良い写真を撮るためには、カメラマンと制作の人間が連携しないといけないんです。カメラマンは写真ができた段階が作品です。でもECサイトでは違います。カメラマンからしたらこんな作品は出せないという写真が求められることもあります。作りたいページに合わせて、正方形なのか長方形なのか、商品をより良く見せるために見切れていたり、文字を載せるための余白を空けたり、ページになったときのことを考えて写真を撮ることが、撮影ありきということです。そういったことを、制作の人間が撮影の場に立ち会って伝える必要があります。

 はじめの頃は、弊社でも制作と撮影、お互いの言っている意味がわからないということがありました。でもノウハウが蓄積されて、カメラマンが慣れてくるにつれ、どんなページかを簡単に伝えるだけで撮影が進むようになりました。逆にカメラマンからどんな写真が必要かを訊くこともあります。撮影と制作が別々だと、制作に必要な写真が漏れているということもよく起こります。でも弊社の場合、最初にこの辺りの写真があれば大丈夫という形で撮影をするので、延長もなく予算内で収めることができます。

リーズナブルなパッケージプランと柔軟な対応

どういうページを作りたいかを前提に撮影を進める

 パッケージプランとしては、モデルを使う撮影で3時間48000円からです。これで20カット分、20ページ分ぐらい撮れます。パッケージプラン以外にも、クライアントさんごとに柔軟な対応が可能です。たとえば写真のレタッチだけしてほしいとか、都度見積もりはできますので、まずはご相談いただければと思います。ページ制作以外にも、キービジュアル的な制作も対応できます。色味の調整なども、エンドユーザーさんが見る環境まで考えて行っています。

 最初はパッケージプランで2回目から必要なところだけ頼むという方も多いですね。ECサイトは定期的に商品が変わることが多いと思うのですが、そういうパターンは弊社が一番得意とするところです。たとえば今、依頼を受けているアパレル系の商品だと、17商品を2週間ほどで撮影しアップまで完了します。コーディネートのためにクライアントさんには立ち会ってもらいますが、流れが決まっていれば、いちいち確認も必要ありませんし、早いですね。

 ご利用いただいているEC店舗さんは幅広くて、一人で店舗を運営されているようなところから業界ナンバー1の規模のところまであります。制作に関しては、今からウェブページを作りたという方には特にお勧めです。ある程度知識のある方であれば、最初は弊社で作って、何が必要なのかを分かった上で必要とする部分だけ引き続き使ってもらって、後は自分でやるのが一番良いのかなと思います。制作会社の方にも使っていただければと思います。弊社には制作の立場も分かる人間がいますし、カメラマンも制作の人間と一緒にやっているきているので、話が通じやすいはずです。

ほしい画像、作りたいページ、まずはご相談ください

様々な撮影シチュエーションに対応可能

 今回は制作の面からお話ししていますが、やはり撮影ありきということで、撮影についても、今回推したい点が2つあります。1つは、撮影シチュエーションが選べるという点です。一般的にはハウススタジオを借りなければいけないようなところを、弊社のスタジオに全部セッティングできるんです。壁紙の種類もかなり豊富です。スタジオや壁紙のレンタルよりもかなり安くできますし、次にまた同じシチュエーションで撮影するということも簡単です。もう1つは、一般的な撮影であれば、翌営業日に納品できるという点です。今までメリットと思っていなかったのですが、一般的にはかなり早い方のようです。
 
 また、ブツ撮りであれば、ウェブサイトに使った写真を紙媒体にも使うという、二次利用も可能です。弊社では、撮影のときは大きいデータで撮って、使う用途に合わせてファイルサイズ出してるんです。なのでウェブサイトより大きいサイズでほしいという場合は、ローデータという生のデータから書き出し直すことができます。できるできないを含めて、こんな写真がほしい、こんなページを作りたいというところを、まずはご相談いただければと思います。ぜひ、弊社を便利に使っていただければと思います。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。