DeNA「横浜DeNAベイスターズ応援プロジェクト」発表!

ECのミカタ編集部 [PR]

ファンの気持ちを横浜DeNAベイスターズの力に!

株式会社ディー・エヌ・エー(以下、DeNA)は、DeNAショッピングとDeNAトラベルの合同企画として「横浜DeNAベイスターズ応援プロジェクト」を開始することを2016年3月18日(金)に発表した。

このプロジェクトは、「DeNAショッピング」における対象商品の売上および、「DeNAトラベル」での法人経由での出張手配の売上の一部を、横浜DeNAベイスターズへの支援として「アキュスコープ(微弱電流治療器)」などの購入費に活用するというもの。

また、両サービスへの会員登録などで豪華プレゼントが当たるキャンペーンも定期的に開催するとのことだ。

横浜DeNAベイスターズファンはDeNAのサービスの利用意向が高い

株式会社ディー・エヌ・エー 取締役会長 南場 智子さん

まずは、取締役会長 南場 智子さんが登壇した。

「球団を取得してから5年目を迎え、横浜DeNAベイスターズを通じてDeNAという会社に関心をもってくださるファンの方が増えました。実は、以前ファンの皆様に「DeNAが提供するサービスの利用動向について」というアンケートを行ったところ、一般のユーザーの方と比べて、ベイスターズファンの方がDeNAのサービスを利用してくださっている割合が3倍も高かったのです。チームを応援する気持ちから、DeNAのサービスを使ってくださる方が増えたんだなと実感しました。

ファンの皆様には、すでに公式グッズやチケットなどをご購入いただいていることでお金を使ってもらっています。ですので、ファンの皆様にあえて予定外・追加の出費を促すのではなく、日用品や出張など”本来購入予定だったもの”を「DeNAショッピング」や「DeNAトラベル」で購入していただくことで、ファンの皆様に無理なくチームを支援していただきたいと思い、本プロジェクトの開始を決定いたしました。」

今後は一歩進んだサービスを目指していく

株式会社ディー・エヌ・エー EC事業本部長 守屋 彰人さん

続いて、EC事業本部長 守屋 彰人さんが、本プロジェクトについて語った。

「今まで、DeNAグループのサービスと横浜DeNAベイスターズは数々のコラボレーションを実現させてきました。それは「DeNAショッピング」、「DeNAトラベル」でのセールやキャンペーンはもとより、DeNAが提供するゲームでコラボレーションをしたりなど様々です。しかし、どれも単発で継続性のない企画となってしまったことが実情で、今後は一歩進んだサービスをしていくことを目指していきたいと思い、本プロジェクトの発足に至りました。

本プロジェクトでは、「DeNAショッピング」、そして「DeNAトラベル」での売り上げの一部を選手からも要希望があった「アキュスコープ」という治療器を購入するために利用させていただきます。「アキュスコープ」は、その効能自体に定評はあるものの、高価であることから、チーム単位で購入し活用しているところは多くありません。

しかし、ファンの皆様に日常のお買いものの「場」として「DeNAショッピング」や「DeNAトラベル」を利用していただくことで、選手たちに必要なものを揃えることができ、結果としてそれがチームの勝利の源に繋がる継続的な支援の実現になると考えています。このプロジェクトを通じてチームに届いた支援の内容は、しっかりとファンのみなさんに明示していきます。」

ラミレス監督、山﨑選手、山口選手登場!DeNAだからこそのモールとは

左から、山﨑 康晃選手、アレックス・ラミレス監督、南場 智子取締役会長、山口 俊選手

南場さん、守屋さんの登壇後、横浜DeNAベイスターズのアレックス・ラミレス監督、山口 俊選手、山﨑 康晃選手が会場に登場。本プロジェクトへの感謝を伝えるとともに、今季の優勝を約束した。

DeNAのファンを大切にしていく姿勢、「DeNAショッピング」の出店店舗、そしてお客様への姿勢に近い。いずれにしても、真心を忘れないその姿勢は球団にも「DeNAショッピング」にもあり、ファンの心にしっかり届いている。今回のプロジェクトによって、その素敵な相乗効果が更にモールと球団との間ではたらくことになりそうだ。それは、「DeNAショッピング」に出店する一つ一つの店舗にとって、必ずやプラスに作用する出来事だと言ってよいだろう。

今回のプロジェクトは、「DeNA本社と横浜DeNAベイスターズファンの、チームを応援したい、チームに強くなってもらいたいという想いは同じ」という考えからスタートしたという。そこに、南場会長が話した「ファンのDeNAのサービスの利用意向は高い」という事実が加わり、現在の形に着地した。

業界でも直接的な支援の仕組みを提供することは珍しい。「本気」になったDeNAの新しいチャレンジに期待したい。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事