国内EC売上高上位100社のスマートフォンサイトにおけるレコメンドUI調査レポート

水牧 稜太

レコメンドに使われる見出しやカラム数、設置ページを徹底調査!

ECサイト上でユーザの好みや嗜好にあった商品をおすすめすることは、サイトの売上やユーザビリティ向上の観点から非常に重要です。

今回ナビプラスでは、国内EC売上高上位100社(日本ネット経済新聞社調べ)のスマートフォンサイトについて、「レコメンド」がどのページのどの場所で、どのように表示されているのかといった「レコメンドUI」に関する調査を実施し、レポートとしてまとめました。

レコメンド機能の導入は当たり前!?

まずは、サイト上のレコメンド機能の導入有無を確認しました。結果、調査対象サイトの78%に導入されており、今やレコメンド機能の導入は当たり前と言えるかもしれません。

みんな、どのページにレコメンドを表示しているの?

サイトのページ別のレコメンド表示率

やはり、「商品詳細ページ」や「カートページ」にレコメンド商品を表示し、商品の比較や「合わせ買い」「ついで買い」がしやすくなるようなページ作りをしているサイトが多く見受けられました。

また、「トップページ」にもレコメンド商品を表示し、個々の商品に対してではなく、全体としてのおすすめを提案するような使い方も多く見られました。

人気のレコメンドUIは?

PCサイトと違い表示領域上の制約の多いスマートフォンサイトのレコメンド表示において、「商品画像はいくつ並べる?」「画像の大きさは?」「どんな見出しにする?」など、EC事業者様の中でも悩みの多いUIについて調査しました。

http://nv-plus.click/recommend-report_download

著者

水牧 稜太 (Ryota Mizumaki)

2017年3月、ナビプラス株式会社に長期インターン生として入社。大学生活と合わせ、より大きな充実感を得るためナビプラスにフルコミットする決意をする。ベンチャー企業のビジネス活動やマーケティングを勉強しながら、自社のニュースやサービスをより多くの人に、より分かりやすく伝えられるよう日夜奮闘中。

http://www.naviplus.co.jp/

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。