ラクーン予想!アジア圏で「anello」に続く流行バッグ

ECのミカタ編集部

今、アジア圏で日本メーカーのバッグが熱いことをご存知だろうか。株式会社ラクーン(以下、ラクーン)は、大流行した「anello(アネロ)」のバッグを例に、次に流行るバッグを予想した。バッグに限らず、アジア圏で日本のアイテムがどのようにしてブームを巻き起こしているか、その裏側を紹介する。

シンガポール経由で情報が伝達、ブームを引き起こす

 東アジアでは、代表的な親日国である台湾を中心にブームが広がり、台湾の人口は約2,000万人の中、2016年には年間400万人以上が日本を訪れた。その際に、目にとまった日本の商品がそのまま台湾で流行することがある。また、台湾ではブログカルチャーが発展しており、日本旅行に来た人気ブロガーがブログやSNSで商品を紹介して人気になることが多い。

 また、東南アジアでの広がり方は少し異なり、シンガポール経由で情報が伝わり、ブームが起きる。シンガポールは日本への好感度がとても高い親日国であり、インドやベトナム、タイにも近いため、東南アジアのハブとして機能している。そんなシンガポールで日本のアイテムが人気になると、親日国を中心に東南アジア諸国にブームが広がっていくのだ。

昨年度合計約280万本売れた「anello」の魅力

anelloのバッグ

 そんなアジア圏で大流行した「anello」を製造・販売しているのは、株式会社キャロットカンパニー(以下、キャロットカンパニー)である。キャロットカンパニーは、「使いやすさ」や「機能性」にこだわったものづくりを追求しており、それが色濃く反映された大ヒット商品が「anello」シリーズだ。

 「anello」は2005年に誕生し、2014年頃から「口金リュック」が話題になり、日本、そして海外でも注目されるよう

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。