中国越境EC構築システム「ShopCN」リニューアル。ワンストップで商品を中国ユーザーへ

ECのミカタ編集部

中国越境EC構築システム「ShopCN」リニューアル。ワンストップで商品を中国ユーザーへ

JC Connect株式会社(本社 東京都新宿区、以下JCC)は、越境EC構築システム「ShopCN(ショップシーエヌ)」を新たに海外配送のサポートに対応したサービスへリニューアルしたと発表した。

 「ShopCN(ショップシーエヌ)」は「WeChat(ウィーチャット)/微信」の企業公式アカウント内に越境ECサイトの構築ができる、中国人ユーザーをターゲットにした日本企業向けのサービスだ。

 昨今、中国越境ECは大きな盛り上がりをみせている。しかしながら、越境ECサイトを運営するためには伝票記入や商品梱包をおこなうだけでなく、インボイス発行や海外発送など煩雑な業務が付き物となっており、導入企業からも海外発送支援サービスを求める声が数多く挙がっていたという。

 そこでJCCは、海外配送・転送サービスを提供する株式会社BENLYと業務提携することにより、「WeChat(ウィーチャット)/微信」公式広告サービスによる集客から販売及び決済、海外配送までをワンストップでサービス提供できる形へとリニューアルを行った。

 日本企業は今までの国内配送フローでそのまま海外へ商品を送ることができ、海外配送時の様々な手間を省くことが可能となる。「ShopCN(ショップシーエヌ)」から注文が入った際、受注データ(CSVにて管理可能)と共に商品を、BENLYの国内倉庫に発送するだけで、国外の購入者へ商品が届くシステムとなっている。

 また、カスタマーサポートとしてネイティブスタッフによる対応も可能。集客、販売及び決済、そして海外配送までのワンストップサービスにより、多くの企業が越境ECに参入しやすくなるよう今後もサービスの拡大を目指していくとした。

「ShopCN」のリニューアルは「チャンスを掴むための布石」

「ShopCN」のリニューアルは「チャンスを掴むための布石」

 中国からのインバウンド爆買いは一息ついた感があるが、今その勢いはECへと矛先を変えている。中国向け越境ECは年々その勢いを増し、多くの企業が参入を試みている。しかし、法整備などのハードルは下がってきているとは言え、まだまだ言葉や文化の違い、煩雑な作業等で頭を抱えている企業は多いのが実態だ。

 今回JCCがリニューアルしたこのサービスも、そうした困っている企業がいたからこそ立ち上がったサービスである。越境ECに関わる多くのリソースはアウトソーシングしたほうが効率がよく、「単純作業」は極力減らし「注力すべき仕事」にそのリソースを回すべきだ。

 「何が売れるのか」、「中国ユーザーは何を欲しているのか」を考え実行していく事こそが本来の仕事ではないだろうか。中国市場にチャンスはまだまだ眠っている。そのチャンスをしっかり掴むための布石をJCCは用意してくれた。この機会を逃す手はないだろう。

ECノウハウ

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。