【11月開講】ECのミカタカレッジ、7つの講座内容を大公開!

ECのミカタ編集部

慢性的な人不足や現場教育が追いつかないなど、そう言ったお声をよく耳にします。EC事業者向けのセミナーや講座は多々ありますが、ECのミカタではこの度、「実践的なカリキュラムで学び、”即”EC業界で活躍する。」をテーマに『ECのミカタカレッジ』を開講します。

今回は11月に開催される7つの講座内容をご紹介いたします!

※開催場所は全てECのミカタ株式会社内、ECのミカタカレッジとなります。
住所:〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-7-3 いちご恵比寿西ビル6F

モール売上、月商300万円の壁を越える!

集客力の強いモールに出店しているものの、思うように売上が伸びない。月商300万円にも届かない。ECへの新規参入が多いなかで、ただ出店するだけでは上手くいかないことに気づいている人は少なくないはずです。

そんな方に1,000社以上のコンサルを担当したGIVE&GIVE株式会社の代表取締役 松原氏が、月商1,000万円を目指すためのノウハウをお伝えします。

【こうすれば売れる!ECモール】
開催日時:11月6日(火)19:00~22:00
講師:GIVE&GIVE株式会社
   代表取締役 松原吉輝 氏
カリキュラム:
1)【前段】課題解決のためのアプローチ方法とプロセス
2)【フレームワーク】マーケティング、EC
3)【ECの各論】各ステージでの取り組み方法
4)【ケーススタディ】とあるECサイトの実例
5)【モール別攻略】楽天市場をメインに展開
6)【ツール紹介】モール運営に役立つツール
7)【ワークアウト】グループワーク

【成功事例】
4ヶ月でアクセス数7倍、売り上げは4倍に!
https://ecnomikata.com/original_news/19165/

講座の詳細及びお申し込みはこちらから

広告に頼らない。
誰にでもすぐはじめられるSEOとSNS対策

広告費や配送費は上がる一方。そして商品が売れたら、売れた分だけなぜか赤字。顧客との接点は広告ではなく、顧客視点に沿ったSEOやSNSを使った情報発信で生み出せるのです。

ECのミカタでもコラムを連載中のフォーマル専門店ノービアノービオの酒匂氏が、無料ですぐに実践できるSEO対策とSNS活用法を公開!

【顧客接点を広告から、情報発信へ 誰にでもすぐはじめられる集客と販促】

開催日時:11月28日(水)19:00~22:00
講師:株式会社NFL 酒匂 雄二 氏
カリキュラム:
1)ブログを活用して売上アップ!
2)売れない商品を売れる商品にする魅せ方
3)口コミで、商品、お店を宣伝してもらう
4)ツイッターを活用して売上アップ!
5)facebookの効果的な運用方法はお客様を知ること!?
6)InstagramでEC用の写真を厳選するABテスト

【成功実績】
ブログで年間販売数1着の商品に200着のオーダー
https://ecnomikata.com/column/18210/

開店直後のECサイトを半年でCVRを0.08%から6.10%へ。その間に投じた広告費用は10万円。
https://ecnomikata.com/column/19401/

5年かけ、ECサイトの広告費を0円に
https://ecnomikata.com/column/18406/

講座の詳細及びお申し込みはこちらから

繁盛店舗が実践!
売上UPに繋がるGoogleアナリティクス分析

「簡単な分析は出来るけど、活用方法はわからない。」何の気づきもないまま、分析だけで終わってしまうことはありませんか?しかし、データ分析だけでは売上は上がりません。

すでに自社サイトを運営している方、そしてこれから自社サイトを立ち上げようと思っている方へ、繁盛店が実践しているGoogleアナリティクス分析方法をお教えします。講師は100社以上のネットショップ業績向上に従事した株式会社二天紀の代表取締役 山本氏が務めます。

【売上UPに繋がる!Googleアナリティクス分析】

開催日時:11月20日(火)19:00~22:00
講師:株式会社二天紀
   代表取締役 山本 頼和 氏
カリキュラム:
1)Googleアナリティクスで分析する前にCVの成立を理解しよう
2)受注金額の公式を多面的に考える
3)分析力は仮説力とスライス力
4)何が分かれば、成果アップの対策が打てるか考える
5)実際に分析し、自社の現状分析をしてみよう
6)グーグルアナリティクスで見るおすすめKPIベスト10

講座の詳細及びお申し込みはこちらから

1年で売上1億円突破!
今からできるプライベートブランド商品の売り方と生み出し方

ECに誰もが気軽に参入できるようになった今、他社との差別化は誰しもが抱える悩みです。差別化を図るためにプライベートブランド(PB)商品を作りたい。また、既存商品の原価が高いためPBを作ってみたい。そんな方向けの講座をご用意しました。

本講座では通販未経験から自社通販事業を立ち上げ、1年で年商1億を突破した株式会社For-Sの本多氏と年間50商品以上の食品・化粧品開発に関わる株式会社ネオサークルの鈴木氏、両名が「今までありそうでなかった」売れる商品企画製造についてお話します。

【1年で売上1億円突破 今からできるPB商品 売り方/生み出し方】

開催日時:11月8日(木)19:00~22:00
講師:株式会社For-S 本多雄一 氏
   株式会社ネオサークル 鈴木翼 氏
カリキュラム:
第1部 講師 株式会社For-S 本多雄一氏
1)ケース別による製造のノウハウ
2)売れる商品を企画する考え方
3)販売の先読みすることで得られるメリット

第2部 講師 株式会社ネオサークル 鈴木翼氏
1)一般的なOEM製造の流れ
2)OEM製造する基準ルールと仕組み
3)製造に関するロットのメリット・デメリット

【成功事例】
商品設計から行い、販売開始3ヶ月で、月間発送個数2,000件突破。
約1年で、月間売上1,300万円を突破し、年商1億円ベースに。
製造ロット数も約1年で15倍まで増える。

講座の詳細及びお申し込みはこちらから

価格競争からの脱出。
自社サイトでのオリジナル商品のブランディングと展開戦略

ECビジネスではショッピングモールの活用は欠かせません。しかし、価格競争が起こりがちなモールに依存した展開を続けていては事業の飛躍的な成長は見込めません。しかし、モールで培ったノウハウだけで独自ドメインを始めてもなかなか売上が伸びない壁にぶつかることも多くあります。

モールと独自ドメインの戦略の違いや注力すべき業務、ブランディングの方法などについて、自社サイトを中心にECモール3店舗とリアルを組み合わせた展開を進める「ozie(オジエ)」の柳田氏が語ります。

【オリジナル商品のブランディングと展開戦略】

開催日時:11月22日(木)19:00~22:00
講師:株式会社柳田織物
   代表取締役 柳田 敏正 氏(ヤンヤン)
カリキュラム:
1)ショッピングモールと自社サイトの戦略の違い
2)注力すべき業務、そうでない業務(例:顧客接点(自社)<リスティング(外注))
3)他社との差別化、ブランディングの方法

講座の詳細及びお申し込みはこちらから

オムニチャネルで成功するためのECバックヤード戦略

よく耳にする「オムニチャネル」という言葉。そんなの自社にはまだ関係ないと思っている方も多いのではないでしょうか。しかし、現在リアル店舗とECの境界線はなくなり、他にはない顧客体験によって顧客満足度を上げることが、これからの時代を生き残る術の一つになっています。

本講座では自身でもアパレルメーカーでブランド運営の全般を経験し、現在物流を軸にしたオムニチャネル展開の支援を行なっている(株)オーティーエスの小橋氏が、物流から見たこれからのEC、そして店舗を活かしたオムニチャネルの攻略方法をお伝えします。

【オムニチャネルで成功するためのECバックヤード戦略】

開催日時:11月14日(水)19:00~22:00
講師:株式会社オーティーエス 小橋 重信 氏
カリキュラム:
基礎編(物流基礎)
1) そもそも物流とは?
2)物流の重要性について
3)物流費を削減するには?

応用編(オムニチャネル構築)
4)海外のオムニチャネル最新情報
5)国内のオムニチャネル活用事例(バックヤード編)
6)オムニチャネル構築の裏側(システム構築)
7)これからの物流のあり方

実践編
8)自社のオムニチャネルの課題と対策について
9)グループ発表

講座の詳細及びお申し込みはこちらから

EC業界で働く方から働きたい方まで!2時間で学ぶEC事業の基礎

EC業界でも慢性的な人材不足から、すぐに業務に取りかかれる即戦力が求められています。しかし、大規模な会社や専門職ではない限り、ECビジネスで必要な知識は上流から下流まで様々です。

現在EC業界に関わっている方から、これからEC事業に関わろうという方を対象にECのミカタで営業・企画・編集などに携わり、現在食品通販会社ソイコムにて代表取締役を務める小林氏が自身の経験を基にしたEC事業の基礎をお話しします。

【EC事業の基礎を2時間で学ぶ!全体像~成功スキルまで】

開催日時:11月5日(月)19:00~21:00
講師:ソイコム株式会社
   代表取締役 小林 敬介 氏
カリキュラム:
1)ECとは(概要)
2)ECで勝つための戦略

講座の詳細及びお申し込みはこちらから

↓ECのミカタカレッジの詳細は下記よりご覧下さい。↓
 ECノウハウ


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事