YouTuberが広告に?意外と知らないYouTuberの実態に迫る

西村 勇哉

ここ数年で認知が急激に拡大したYouTuberという職業。若い世代中心に人気を集めている。とはいえ馴染みのない人達からしたら、何が起きているのか把握できていないのではないか。

しかし、YouTuberは非常に大きな影響力を持っているのも確かなのだ。認知度、影響力、拡散力は芸能人に匹敵すると言っても過言ではない。

そしてあまり知られていないかもしれないが、案件動画という企業から依頼されて商品をレビューする動画も多い。

ターゲットが若年層であったり、新たな顧客層へのアプローチを考えている企業は一考の余地があるということを解説していく。

若者の常識。YouTuber簡単解説

YouTubeで動画投稿し、広告収入を得ている人達のことを一般的にYouTuberと呼ぶ。動画の形態は様々で、ゲーム実況、おもしろ動画、動物動画、料理動画などジャンルは多岐に渡る。

YouTuberの中でも、マスメディアにも進出しているヒカキンやはじめしゃちょーなどは聞いたことがある方も多いと思うが、他にも1回の動画投稿が100万回再生を超えるYouTuberはかなり多く、芸能人とコラボしているYouTuberもよく見かける。

例えば、釣り動画、釣った魚を調理する動画をメインに公開している釣りよかでしょう。というYouTuberグループは、チャンネル登録者数100万人を超え、釣り好きはもちろん、多くの視聴者に支持されている。

世界的バイオリニストの葉加瀬太郎氏も「釣りよかでしょう。」のファンで実際に動画への出演をしたこともあるほどだ。

このように、多くのファンを持っているYouTuber。そんなYouTuberの拡散力には企業も注目しており、すでに多くの企業が自社製品・自社サービスのPRを彼らに依頼している。

ライブコマースとは何が違う?

YouTubeと同じく、動画をツールとして商品を訴求するマーケティングコンテンツとしてはライブコマースがあげられる。

同じ動画を活用したPR方法ではあるが、2つの機能はかなり異なることは理解しておいたほうがいいだろう。

まず、ライブコマースは動画であることが強みなのではない。リアルタイムで双方向のコミュニケーションが行え、その場での商品購入が可能であることが強みなのだ。

消費者の悩みに配信者がその場で応え、商品の購入につなげていくショッピングの場としての強みはYouTubeに勝ると言える。

ではYouTubeの強みはどこにあるのだろうか。

まずはYouTube利用者全体の母数の多さだ。ライブコマースに比べて利用者数はYouTubeに軍配が上がる。

また、配信した動画は削除しない限りYouTube内にアーカイブとして残り続け、なおかつ似た動画を視聴している人に向けて、オススメとしてアピールできる場合もある。拡散力という面でもYouTubeは効果を発揮できる。

YouTuberに委託する際のメリットは?

YouTubeの強みが拡散力だとしたら、YouTuberの強みはその拡散力の最大化と、ターゲット層を絞れることだろう。

YouTubeの母数が多いと言っても、何もノウハウのない人が投稿したところで、拡散力は低い。

動画投稿をコンスタントに行い、ファンを獲得しているYouTuberだからこそ、多くの視聴数を稼ぐことができていることは念頭に置いておく必要がある。

また視聴者層が非常にわかりやすいのも特徴だ。ファンの年代、男女の割合などもデータとして計測が可能なため、自社商品がニッチな場合でも効果を発揮してくれるYouTuberがいるのが長所の一つだろう。

既存の広告では手が届かなかった層へのアプローチが可能になるのだ。

ライブコマースのように、パッケージ機能はないが動画の概要欄に自社サイトのリンクを張れるのでECサイトなどは非常に相性がいいのではないだろうか。

YouTuberに委託する際のデメリットは?

YouTuberを活用するときにデメリットとして挙げられるのは、炎上のリスクがあることだ。

自社とは全く関係のない動画で炎上した場合、飛び火の被害を被る恐れもある。

事務所に所属しているYouTuberであれば炎上リスクに気をつけているかと思うが、もはや一般人とは言えないほどの知名度を誇るYouTuberだとその扱いは芸能人に匹敵することもある。動画とは関係のない、プライベートの流出がきっかけで活動を自粛した例も過去にはあるので、念頭に入れておく必要はあるだろう。

今後の広告を担うのか

実際にYouTube動画を日頃から観ている人であればわかるかと思うがコスメ、アパレルなどの解説動画はかなり多い。

YouTuberが自身のおすすめをピックアップする場合もあるので、視聴者が広告と思わずに動画を楽しめるのは大きなメリットだ。ターゲットが楽しみながら自社商品を認知してくれる、広告としては非常に頼もしい存在だ。

UUUMやVAZなど事務所の活動も非常に活発的だ。自社商品の特徴次第ではあるが、イメージに合致するYouTuberを探してみるのも新しい発見になるのではないか。


記者プロフィール

西村 勇哉

メディア運営事業部 編集チーム所属
見た目はヒョロイのに7歳から空手を習っています。
他にも水泳、サッカー、野球、弓道の経験有り。
たまにメルマガに登場しますが乃木坂46の話しかしません。
連絡先→nishimura@ecnomikata.co.jp

西村 勇哉 の執筆記事