楽天市場のブラックフライデーセールの詳細を徹底解説!

西村 勇哉

明日11月23日(金)10時開始となる楽天市場のブラックフライデー。その内容はAmazonが先日記者発表会を行なったセールや、楽天スーパーSALEに劣らないものになっている。どのくらいお得になるのか解説をしていく。

今回の楽天市場のブラックフライデーは、11月23日(金)10:00〜2018年11月26日(月)09:59の期間で行われる。期間中は楽天市場での買い物の際に付与される楽天スーパーポイントが通常より高い還元率で付与されるのが特徴だ。

まず、楽天ブラックフライデーで注意しなければならないことがある。それはエントリーを忘れないことだ。期間中であっても、特設サイトから「エントリーする」をクリックしないと特別ポイント還元などのサービスは受けられない。これから紹介するクーポンやポイント還元サービスも同様だ。初めて楽天を利用する人などは陥りやすいミスなので気をつけてほしい。

特典その1:豊富なクーポン

ブラックフライデー期間中に使えるクーポンが5種類用意されている。それぞれ使える店舗は異なるが、対象ショップはそれぞれ100社を優に超えてくる。

注意点は主に3つ。

1つ目は先ほど同様にエントリーを忘れないこと。2つ目は割引対象ショップであること。3つ目は1注文あたり、一定の金額でないとクーポンの利用ができないことだ。

例えば、プラチナ・ダイヤモンド会員限定クーポンは1回の注文辺り、7000円(税込)以上の買い物をした時に利用できるようになる。

しかし、このクーポンには利用上限がない。1回エントリーを行えば、期間中に何回でも利用可能となる。次に解説するように、お得な時期に様々なショップで買い物をすればその分ポイントも貯まるので、かなりお得に買い物ができる。

特典その2:買えば買うほどお得になるポイント還元

楽天一番の強みである、楽天スーパーポイント。今回のセールではまとめ買いをすればするほどポイントが貯まる仕組みになっている。年末セールは一年で最も消費行動が活発とされており、これを機に以前から欲しい商品を一気に購入する人も多い。ECであれば荷物になる心配もなく、まとめ買いには今回の楽天市場のブラックフライデーのキャンペーンと相性が非常に良い。

すでにブラックフライデーは多くの人に馴染みのある言葉となった。多くの小売店舗ではすでに様々なキャンペーンを行なっている。ECでもそれは例外ではない。Amazonは記者発表会を行うほど力を入れているブラックフライデー・サイバーマンデー。

楽天のブラックフライデーも負けず劣らずの充実度である。エントリーを忘れるとクーポンやポイント還元は利用できない点だけ注意しておけば、10000ポイントの獲得も射程範囲なのだ。

年末は多くの人が人気店に殺到する。朝早くから長蛇の列を作る店舗も珍しくない。ECであれば、並ばず、混み合いもせず、荷物にもならず、ポイントも獲得が可能だ。

年々、各社「ブラックフライデー」を重視する傾向があるだけに、楽天市場の動きにも注目したいところだ。

 

記者プロフィール

西村 勇哉

メディア編集部所属
見た目はヒョロイのに7歳から空手を習っています。
社会人になってもちょこちょこ練習しています。
他にも水泳、サッカー、野球、弓道の経験有り。
伝統産業や地方創生に興味があり、ECのミカタの一員として何かしたいと思っています。
好きなものは乃木坂46(箱推し)。好きな曲は「ひと夏の長さより」

西村 勇哉 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録