ECやアパレル企業などが集結してサブスク浸透を目指す振興会が発足

ECのミカタ編集部

日本サブスクリプションビジネス振興会の理事(記者会見の様子)

左から、ネオキャリア 西澤亮一、東海大学 小嵜秀信、エアークローゼット 天沼聰、ファインドスター 渡邊敦彦、富士山マガジンサービス 西野伸一郎、テモナ 佐川隼人(敬称略)

一般社団法人日本サブスクリプションビジネス振興会(所在地:東京都渋谷区、代表理事:佐川 隼人、以下「振興会」)は、昨今、化粧品や食品をはじめとして小売業やサービス業、IT業など幅広い業界で採用され始めているビジネスモデル『サブスクリプション』の認知拡大・産業振興を目的として2018年12月11日(火)に設立され、2019年1月23日(水)に発表会および設立記念パーティーをグランドハイアット東京にて開催した。

サブスクの国内トップクラス企業が集結

振興会は、「アメリカ・シリコンバレーを中心に世界中で定額制商品販売・サービス提供を行う『サブスクリプション』ビジネスモデルが浸透している」と指摘している。

2016年がサブスクリプション元年とも言われ、日本でも野菜やパン、お酒などのサブスクリプションや洋服のサブスクリプションなど多岐にわたる業界でサブスクリプション・ビジネスモデルが採用され、収益の増加と安定化に寄与しているところだ。

そうした中で振興会は、サブスクリプションビジネスを事業の柱としており、様々な業界での国内の第一人者となっている企業が集結して発足した。

「日本でサブスクが当たり前になるように」

同振興会の発表会では、代表理事の佐川(テモナ株式会社 代表取締役社長)が登壇し、「サブスクリプションビジネスは外部環境に影響されにくく、堅実で安定した経営がしやすい。計画的に投資もできる。日本中でサブスクが当たり前になるように振興会を運営していきたい」という設立の挨拶に始まり、就任する理事の紹介と挨拶、今後の活動内容の紹介を行った。

当日は、定員を大幅に超える300名以上のネットショップ、SaaS、デジタルコンテンツ、食品、建築、雑貨、飲食店などサブスクリプションビジネスに興味のある企業経営者・担当者が来場し、盛会となったそうだ。


【日本サブスクリプションビジネス振興会 理事一覧】

[代表理事]
テモナ株式会社 代表取締役社長 佐川 隼人

[理事]
株式会社エアークローゼット 代表取締役社長兼CEO 天沼 聰

[理事]
東海大学 総合社会科学研究所Eコマースユニット客員准教授 小嵜 秀信

[理事]
株式会社ファインドスター 代表取締役社長 渡邊 敦彦

[理事]
株式会社富士山マガジンサービス 代表取締役社長 西野 伸一郎

[理事]
株式会社ネオキャリア 代表取締役 西澤 亮一


【日本サブスクリプションビジネス振興会について】

[社名]
一般社団法人日本サブスクリプションビジネス振興会

[代表理事]
テモナ株式会社 代表取締役社長 佐川 隼人

[所在地]
東京都渋谷区神宮前6-28-9

サブスク浸透に尽力

振興会では、サブスクリプションビジネスを国内に広めることに注力し、事業者側、支援側が一体となって各業界にノウハウ・事例提供を行うという。業種業界問わず、サブスクリプション・ビジネスモデルの導入促進を行い、収益の増加と安定性向上に寄与していく方針だ。

同振興会が指摘しているように、日本においてもEC市場をはじめとして、徐々にサブスクリプションモデルが浸透しつつある。一方で、より本格的な浸透を目指すには、業界が力を合わせて振興策を打ち出す必要性もあるタイミングと言えるだろう。

今回の一般社団法人日本サブスクリプションビジネス振興会の発足は、まさにこうした時流と、市場の将来を見据えたタイムリーなものと言え、今後の同市場の発展に向けた大きな弾みにもなりそうだ。

 


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事