若年層の動画視聴時間は1年で2時間アップ!【ニールセン調べ】

ECのミカタ編集部

ニールセンデジタル株式会社(本社:東京都港区/代表:宮本淳)は、スマートフォン視聴率情報「ニールセン モバイル ネットビュー(Nielsen Mobile NetView) 」のデータをもとに、2018年の12月の日本におけるスマートフォンの利用時間やアプリの利用個数などの利用状況を発表した。

スマホの1日平均利用時間は3時間

2018年12月のスマートフォンの1日平均利用時間を見ると、3時間5分。

2017年7月、2018年7月と比べて大きな変化はないことがわかった。年代別にアプリとブラウザの利用時間を見ても、大きな違いはでていない。

アプリの利用は84%!毎日8つはアプリを使っている

一方で、スマホ利用者の84%がアプリを使用していることがわかった。

1ヶ月で1回は使うアプリの数は、平均で30.8個。1日に使うアプリの数も8.0個と、これもこれまでの調査結果と比較して大きく増えたわけではなかった。

どの性年代でも、アプリは月に30個前後つかっているという結果になっている。

「ビデオ/映画」や「ポータル、コミュニティ」「総合ニュース」カテゴリーの利用時間が増加

アプリ、ブラウザともに全利用時間の各カテゴリのサービスのシェアが高いサービスのうち、大きく伸ばしているのは動画サービスが含まれる「ビデオ/映画」や「ポータル、コミュニティ」、「総合ニュース」、「音楽」、「健康、フィットネス、栄養」。

月間の利用時間が40~100分程度増加していた。

これらのカテゴリはどの年代でも増加しており、特に「ビデオ/映画」は18〜34歳で平均2時間も増加している。

動画コンテンツへの需要に注目

スマホ、アプリの利用率に大きな変化がないのにもかかわらず、動画サービスの需要が伸びていることは興味深い。AmazonプライムやTVer、TikTokなどの影響は大きそうだ。

今後、動画コンテンツに力を入れていくことが、次のマーケットを掴むカギとなるかもしれない。

販促カレンダー2019


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事