2018-2019年のファッショントレンドをAIで分析 人気カラーはブラックとホワイト・スカート丈はより長めに

ECのミカタ編集部

㈱ニューロープは、2018年7月~2019年6月にSNSで公開されたファッションスナップ約43,000枚を、自社開発したファッションAIで解析。アイテムのカテゴリや色・柄・シルエットなどの調査結果をレポートにまとめた。ここではその概要についてポイントを絞って見て行く。

調査概要

ファッションAIを展開するニューロープ社は、SNS上のファッションスナップをAIで解析・定量化するトレンド分析サービス『#CBK forecast』から、最新トレンドレポートの一部を公開した。

[調査手法]
SNS上のファッションスナップをニューロープが自社開発した画像解析AIを用い、カテゴリ・色・柄・シルエットなどを分析。

[対象サンプル数]
約43,000枚

[実査期間]
2018年7月1日 - 2019年6月25日

人気カラーはブラックとホワイト

人気カラーの出現回数ではブラックとホワイトが群を抜く結果になった。同社では、これは例えば色もののトップスを取り入れてもボトムスには無彩色のものを合わせるようなコーデが一般的であることから、直感にも反しないものだとしている。

その後にもグレーやベージュといった落ち着いた色が続く。5位以下に色ものが登場し、結果は表の通りだ(表のパーセンテージはTOP15色の出現回数を母数として算出)。

その他の色も人気に変動が

1年を合算すると出現回数が同等だったグレーとベージュだが、時系列で追うと盛衰が見られた。グレーは2018年秋冬をピークに減少し、2019年にはベージュが逆転した。またブルーが上昇傾向に、ピンクやレッドは減少傾向にあった。

スカート丈はより長くなる傾向

「スカート・ワンピース」の丈を、2018年10月~2019年6月を3ヵ月単位で集計・比較したところ、ミモレ丈から徐々にマキシ丈へとシフトしていく様子が見て取れた。

※ミモレ丈は、ふくらはぎの中間あたりに位置する丈。マキシ丈は、くるぶしが隠れるくらいの丈。

ボーダー柄は人気に陰り

また例年夏に人気のカゴバッグは、秋冬も一定数活用されていた。ボーダーは、2018年秋冬をピークに減少した。

トレンドの可視化・定量化が可能に

調査結果にあるようにカラーの最新トレンドはブラックとホワイトで、それにグレーやベージュといった落ち着いた色が続いた。またスカート丈はより長くなり、カゴバックの人気は続いている一方でボーダー柄の人気には陰りがみられた。

ファッショントレンドに関しては、従来は店舗での売り上げや出荷数などでおおよその状況を占うことが多かったが、AI技術の発達によってSNSからユーザーの実際の使用状況に沿った、より実勢に近い分析が可能になっている。

同社の提供しているトレンド分析サービス「#CBK forecast」は、まさにSNS上に掲載されているファッションスナップ画像をAIで解析し、色・柄・素材・形・ディティールなどを解析・定量化し、ダッシュボードとして提供するものだ。

ユーザーは期間・カテゴリ・約500種類の属性タグなどから自由にトレンド分析することができ、メーカー・卸・リテール・メディアなど、ファッション関連の企業がMDやバイイング、コンテンツ制作などに活用が進んでいる。

今後もこうした最新技術によって、これまでできなかった内容を定量化可能になって行くことだろう。そしてそれはEC市場を始めとしてより精度の高いマーケティングにも活かされることになりそうだ。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事