クレジットカード決済手数料の1/3補助も受けられる フューチャーショップとSBペイメントサービスが連携

ECのミカタ編集部

株式会社フューチャーショップ(以下「フューチャーショップ」)とSBペイメントサービス株式会社(以下「SBPS」)は、フューチャーショップが提供するSaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」および「futureshop omni-channel」(以下、総称として「futureshop」)とSBPSの「オンライン決済サービス」の連携を開始することを公表した。

ロイヤルティマーケティングを実現する豊富な機能を有する

フューチャーショップ社が提供するfutureshopシリーズは、コマース戦略を創造するSaaS型ECサイト構築プラットフォームだ。国内向けfutureshopはCMS機能「commerce creator」で高いデザインカスタマイズの自由度と更新性を実現しているほか、ロイヤルティマーケティングに取り組める豊富な機能を有している。

オムニチャネル対応には実店舗とECの顧客統合を行い、さらにきめ細やかなデジタルマーケティングを目的とした、O2Oを実践するポイント統合、実店舗在庫表示機能も備えた「futureshop omni-channel」が利用できる。越境EC・インバウンド対応時には同じオペレーションの「futureshop overseas」が利用可能だ。

またプラットフォーム自体の機能が充実しているだけでなく、他システムとも多数連携し、柔軟性や拡張性にも優れており“売上を創るEコマースプラットフォーム”を目指し、プロユースに応える高機能であることにこだわり、事業者の「やりたいこと」に訴求する。

SBPSの安心・安全な決済を導入できるように

そのfutureshopが今回、新たに国内最大級のオンライン決済代行会社であるSBPSを採用し、決済サービスを追加することにより、「futureshop」を利用する事業者はビジネスに合わせて決済サービスを選択導入できるようになる。

フューチャーショップは、11万店舗以上の導入実績と年間3兆円規模の決済処理を行うSBPSと連携することにより、「futureshop」を利用する事業者が安心してビジネスを拡大できる環境を支援する。さらにSBPSの豊富な決済手段を「futureshop」でも利用できるようマルチペイメントに対応する予定だ。

SBPSはVisa、Mastercardの国際的なクレジットカードのブランドライセンスを取得し、決済代行に留まらずクレジットカード会社として信頼性の高い決済サービスを提供している。「futureshop」を利用する事業者は、個別にシステムを開発することなく、SBPSの安心・安全なクレジットカード決済を導入できるのだ。

クレジットカード決済手数料1/3の補助も受けられる

SBPSは経済産業省が実施する「キャッシュレス・消費者還元事業」の加盟店支援事業者として登録しているため、「futureshop」を利用する「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象事業者は、クレジットカードの決済手数料の1/3が補助される。そのため事業者のキャッシュレス決済導入コストを最小限に抑えることができる。さらにECサイトで購入した消費者には5%のポイントが還元され、事業者の集客力向上を支援する。

またSBPSの決済サービスを導入した事業者は、ECサイトにおける不正使用の低減に貢献する「不正検知・保証サービス」とECサイトの集客やSNSマーケティングを支援する「マーケティング支援プラン」を無償で利用することができる。

加えて今回のサービス連携を記念してキャンペーンが実施される。2020年3月31日までに専用フォームから問い合わせると、SBPS決済サービスを導入した事業者に、SBPS決済サービスの月額固定費が無料になる特典が提供される。

フューチャーショップとSBPSは、今後も事業者のニーズに対応する利便性の高いサービスを提供していくとしており、さらなるサービスの拡充を通して今後も同ソリューションの価値が向上することに期待したい。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事