AIを活用した画像生成システムの実証実験開始へ。アパレル企業の課題解決に

ECのミカタ編集部

株式会社アーバンリサーチ(本社:大阪府大阪市/代表;竹村幸造、以下「アーバンリサーチ」)、株式会社データグリッド(本社:京都府京都市/代表:岡田侑貴、以下「データグリッド」)、株式会社NTTドコモ関西支社(本社:東京都千代田区/代表:吉澤和弘、以下「ドコモ」)は、ファッション分野において、AI技術を活用したアパレル企業向け画像生成システム(以下、本システム)の実証実験を2019年10月1日(火)より開始した。

実証実験の目的

今回の実証実験は、実業務におけるデモアプリケーションの最適化と評価を目的としている。

ドコモとデータグリッドが開発・保有する画像生成技術とアーバンリサーチが保有するファッション画像を利用し、デモアプリケーションの高度化および最適化をおこなう。

同時にアーバンリサーチの実業務においてデモアプリケーションを運用し、課題の整理、および解決方法の策定、サービスの有用性を評価する。

3社の強みを活かした連携

今回のシステムは、ドコモやデータグリッドが保有する画像生成技術を組み合わせ、任意の服を着用した画像の自動生成サービスを提供する。

一般的に服画像は2D形式で保有されていることが多いが、画像を3D形式に変換しなくても、本システムを使えば2D形式のままでの利用が可能となる。

今回の実証実験では、アーバンリサーチの提供する大量の服画像や人物画像を学習データとして活用し、ドコモの保有する身体特徴点抽出技術や物体抽出技術、データグリッドの開発している画像生成技術を組み合わせることでサービスの実現を目指す。

ファッションECの課題を解決に

ECの取り扱いが年々増加する一方で、「ECサイトで購入すると自分で来てみて似合うかわからない」という利用者の声があがったり、「モデルが服を着用した写真は集めるのに手間がかかる」といったECサイト運営者の声も上がっている。

本システムは、そうした課題や不安に応えるべく開発された。

ファッションECの課題を解決するシステムが、多くの企業の連携によってうまれてきつつある。

ECでファッションアイテムを購入するのが当たり前になることも増えてくるだろう。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事