CROSS MALL、PayPayモールと連携でECサイト運営を一元管理!複数ECサイト運営が簡単に

ECのミカタ編集部

株式会社アイル(本社:大阪市北区・東京都港区/代表:岩本哲夫)が提供する複数ECサイト一元管理ASPサービス「CROSS MALL(クロスモール)」は、ヤフー株式会社(本社:東京都千代田区/代表:川邊健太郎、以下「Yahoo! JAPAN」)が新たに開始するECモール「PayPayモール(ペイペイモール)」との、受注・在庫・商品連携に対応した。

複数ECサイト出店を可能とし、販路拡大に貢献

「CROSS MALL」で管理している自社在庫数と商品・画像情報を、「PayPay モール」へ連携することができるようになると、「CROSS MALL」を利用する企業は、他のECモール・ECカートと同様に、在庫数・商品情報を一括で更新・登録することが可能となる。

また、注文情報の連携も可能なため、他のECモール・ECカートと同様に、注文・出荷処理を一元管理できる。

EC運営企業のコストや管理負荷を抑えた、複数のECサイト出店の実現につながり、ひいては間口の広いECサイト運営につながる。

バックヤードからサポートするCROSS MALL

CROSS MALLは、複数ECサイトの商品・在庫・受注・発注・仕入の一元管理が可能な、月額制のASPサービスだ。

要望を随時受け付け、顧客ごとの運用提案や専任担当によるサポートなど、使いやすさを追求。

ツールの提供に留まらず、ECを陰で支えるバックヤード担当に光を当て、クリエイティブなEC運営を支援すべく、ECバックヤードの表彰や交流・情報交換を行う「BACKYARD FES.」や、ECバックヤード特化型メディア「B.Y」など、バックヤード担当に有益な場やコンテンツを随時企画・運営している。

PayPayモールへの連携を最初におこなったワケ

CROSS MALLは他のECモールへの連携対応の準備も進めており、将来的にPayPayモール以外のECショッピングモールでも複数ECサイトを簡単に出店できるようになることを目指している。

連携するECショッピングモールとして最初にPayPayモールを選んだのは、出店基準の高いプレミアムな品質はもちろんのこと、その話題性の高さと将来性に焦点をあてたことに要因があるように思われる。

今後キャッシュレス化が加速していく中で、PayPayの需要が高まることで必然的にPayPayモールの利用者が増えることが予想された結果だろう。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事