日本企業のアジアに向けたテストマーケを支援 Fun Japan Communications社とRelic社の協業で実現

ECのミカタ編集部

株式会社Fun Japan Communications(東京都港区、代表取締役社長:藤井大輔)は、SaaS型クラウドファンディング構築プラットフォーム「ENjiNE」を運用する株式会社Relic(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:北嶋貴朗)と共同で、2020年1月9日より越境購入型クラウドファンディングサイト「FUN! JAPAN 海外ネットショップ」(台湾表記:FUN! JAPAN 購物網)を開始した。

越境EC展開に必要な業務を一括サポート

同社が運営するコミュニティサイト「FUN!JAPAN」は、台湾・香港・ASEANなどのアジア圏を中心に、日本好きのFacebookフォロワー約467万人とサイト会員約110万人を超えるアジア最大級のコミュニティサイトだ。

同サイトは成長を続けており、現地消費者へのアンケート収集や情報発信、さらにはWeb上での予約決済やインバウンド来店など、”ユーザーの行動を誘発”させる仕組みを構築することで、海外展開やインバウンドを推進する多くの自治体・企業に向けたサービス展開してきた。

今回のRelicとの協業により、同サービスを利用する日本企業に対して海外への発送業務や翻訳作業、決済処理、顧客対応など、越境ECの展開に必要となる多様な業務を一括でサポート・代行する機能を提供する。

これにより商品やサービスを掲載する日本企業はコストやリスクを抑えた上で、アジア圏に向けた越境ECやテストマーケティング・PRを行うことが可能となります。今後は本サービスを香港、タイ、マレーシアといったアジア諸国に向けて拡大し、グローバル展開を加速していく考えだとしている。

「FUN! JAPAN 海外ネットショップ」の特徴

同社は日本初の越境購入型クラウドファンディングサービス「FUN! JAPAN 海外ネットショップ」の特徴として次のようにまとめている。

◆発送業務

煩雑な送り状作成や海外への発送業務などの対応を行う。

◆顧客対応

FUN! JAPANスタッフがエンドユーザーとのQ&A対応を行う。

※回答できない場合は、窓口として、出店企業に確認し、返答内容を確認後エンドユーザーへ返答する

※出展企業様は日本語対応のみ

◆ページ翻訳

無料翻訳を実行(立ち上げキャンペーン期間の3月末までは、先着5社のみ無料となる)。

日本企業のアジアに向けたテストマーケを支援

同社はサイト開設の背景として次のように述べている。

「人口減少や国内の既存産業・市場の停滞・衰退に直面する日本企業にとって、グローバル展開の実現は重要な経営課題となっています。その中でも成長が期待される越境ECは、海外市場開拓のための有力な手段であり、日本経済活性化の原動力になりうる可能性を秘めているものと考えられます。

今後、日本企業において越境ECに対する期待や需要は益々高まっていくと推測されますが、一方で実際に越境ECに取り組むに当たり、言語や法規制等の制約や、物流・決済手段、在庫リスクを含めて、様々な課題が存在するため、本格的に参入するのは容易ではありません。

このような状況において、当社は、台湾・香港・ASEANを中心としたアジア圏における自社の会員基盤を基に、SaaS型クラウドファンディング構築プラットフォーム『CROWDFUNDING NETWORK Powered by ENjiNE』を運営するRelicと共同で、日本企業のアジア諸国に向けたテストマーケティング支援を行ってまいります」

ますます熱度を増すアジアとの越境EC。そこにおける各種の課題に対応することで各事業体のビジネスをさらに加速させることになりそうだ。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事