Instagramが事業者支援のために『ギフトカード機能&お店を応援スタンプ』の展開を開始 あわせて『料理を注文』機能もパートナーを拡大へ

ECのミカタ編集部

Instagramは5月12日(日本時間)、新型コロナウイルスの影響を受けている中小ビジネスを支援する取り組みの一環として、スタンプやアクションボタンを通じてお気に入りのお店が発行するギフトカードを購入できる機能を日本でも導入することを公表した。

さらに4月27日に同社が発表した「料理を注文」機能の国内パートナーを拡充し、『TableCheck・出前館・Picks・ヒトサラ』の4サービスに加盟している飲食店も利用できるようになった。また利用者がお気に入りのビジネスのInstagramアカウントを紹介したいときに使える「お店を応援」スタンプもローンチさせた。

ギフトカード機能を国内でも導入

新型コロナウイルスの影響で営業の継続が難しくなったり、売上が減少している事業体が増える中、クーポン券や優待券などのギフトカードを購入することで中小ビジネスを支援する動きが国内外で注目を集めている。

今回のアップデートにより、ビジネスは「ギフトカード」スタンプをInstagramストーリーズの投稿で使ったり、プロフィールにアクションボタンの追加が可能となる。「料理を注文」スタンプと同様、利用者がスタンプやアクションボタンをタップすると利用事業者が設定した提携するプラットフォームのページが表示され、ギフトカードを購入することができる。

国内では、株式会社キッチハイク、Square株式会社、株式会社TableCheckの3社と協業し、この機能を導入するという。Instagramのビジネスプロフィールを利用しているアカウント(ビジネスアカウント)で、キッチハイク、Square、TableCheckの加盟店であれば、スタンプの利用やアクションボタンの設定を無料で行うことが可能となる。

サービスの使い方は次のようになっている。

ストーリーズの投稿画面でスタンプトレーを表示し、「ギフトカード」スタンプを選択

初めて利用する場合は [スタンプを設定] 画面が表示される

パートナーを選択し、自店舗のリンク(URL)を追加

プロフィールにアクションボタンを追加したい場合は設定をONにする(アクションボタンを追加してなくても、リンクを設定していればスタンプは利用可能)

また、友達に情報を広めてお気に入りのビジネスを支援したい利用者は、ビジネスがストーリーズに投稿した「ギフトカード」スタンプを自分のアカウントでシェアすることもできる。スタンプをタップすると、[ストーリーズにスタンプを追加] オプションが表示され、自分の投稿でもシェアできる。

『お店を応援スタンプ』を新たにローン

同社は先月末に発表した「料理を注文」機能をより多くの飲食店に利用してもらえるよう、国内におけるパートナーを拡大し、株式会社TableCheck、株式会社出前館、株式会社 USEN Media(USEN-NEXT GROUP)、株式会社DIRIGIOと協業する。すでに対応しているUber Eatsに加えて、TableCheck、出前館、Picks、ヒトサラの4サービスに加盟している飲食店も、新たに「料理を注文」スタンプをストーリーズで使ったり、プロフィールにアクションボタンを追加きるようになるという。

あわせて困難な状況に置かれている中小ビジネスを何らかの形でサポートしたいという利用者に向けて、お気に入りの事業体のInstagramアカウントを簡単に紹介できる「お店を応援」スタンプを新たにローンチする。利用者は紹介したいビジネスのアカウントを選び、スタンプとしてシェアすることができる。スタンプには選んだアカウントの投稿のプレビューが表示され、タグ付けされたビジネスは利用者の投稿をシェアすることも可能だ。

また、このスタンプを使っている投稿*をまとめた「お店を応援」ストーリーズがホーム画面に表示されるため、利用者は友達やお気に入りのクリエイターがおすすめしているお店を簡単に発見することができ、ビジネスは新しい顧客にリーチすることができる(*表示されるのは利用者がフォローしているアカウントのストーリーズ投稿に限られる)。

インスタで広がるビジネス応援の輪

サービスの開始に際して同社では次のように述べている。

「新型コロナウイルスの影響が広がっていることを受け、Facebook社では引き続き、中小ビジネスが営業を継続できること、顧客との繋がりを維持できること、最新情報を伝える手段を提供すること、という3つの点を重視して様々な取り組みや機能の開発を行っています。

Instagramでは、個人の利用者と同じようにビジネスも無料でアカウントを開設し、手軽に情報発信したり、ショッピング機能などの無料ツールを利用したりしてビジネスを成長させることが可能です。今回のアップデートにより、ギフトカードの購入や料理の注文というビジネス結果に直結するアクションに至るまでを、よりスムーズにInstagram上で完結することができるようになります」

ビジュアルが前面に出る形で特に若年層の女性からの支持の厚いInstagram。ファッション業界などを中心にハイセンスかつ直感的な訴求が可能であり、ECでのビジネス活用も進んでいるが、一方で拡散力の面ではTwitterなど他のSNSプラットフォームに譲る。しかし今回の施策を通して、事業体紹介の輪が広がることにより、インスタが持つアドバンテージと個性を最大化し、新型コロナ禍にあえぐ、そうした事業体支援の面でも威力を発揮することに期待したい。

ECのミカタ通信19号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事