【比較してみた】徹底比較!旬なGiftサービス検証。今見ないで、いつ見る!

石郷“145”マナブ(編集長)

ソーシャルギフトを徹底検証、わかりやすく解説

 もうすぐ、母の日だが、何かを贈ろうと考えている人も多いだろう。贈り物を贈るシーンには、それぞれに物語がある。EC業界でも、ギフトサイトが、あの手、この手で、ユーザーのイメージをかき立て、それぞれの強みを生かして、サービスを提供している。今回は、各社の違いを検証し、徹底比較した。

何気なく使うLINEが、ギフトツールに!

 まずは、LINE(代表取締役 出澤 剛 以下、LINE)が提供する「LINEギフト」。これは、LINEの友達に対して、さりげなくプレゼント。贈り主はあらかじめ、LINEのAppで、LINEギフトを選ぶ。商品を選び、決済が確定したところで、LINEの仲間の名前が出てくるので、選べば、その相手に送れるようになる。

 相手には「あなたにギフトが届いています」という風に、LINEが届く。開くと、「おめでと〜」等と贈り主が

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

石郷“145”マナブ(編集長)

メディア編集部 ゼネラルマネージャー。キャラクター業界の業界紙の元記者でSweetモデル矢野未希子さんのジュエリーを企画したり、少々変わった経歴。企画や営業を経験した後、ECのミカタで自分の原点である記者へ。トマトが苦手。カラオケオーディションで一次通過した事は数少ない小さな自慢。

石郷“145”マナブ(編集長) の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。